このページの本文へ移動

よくある問い合わせ

2021年5月25日更新

※本ページの情報は、国の方針、ワクチンの供給量などにより変更する場合があります。

更新状況(7月6日分)

  • 最新の問い合わせ内容に更新

目次

4回目接種について

Q1 なぜ、4回目接種が必要なのか

A1

 新型コロナウイルス感染症は、高齢者ほど重症化しやすく、一定の基礎疾患を持つ方についても重症化しやすいことが明らかになっています。
このようなデータや諸外国の動向などを踏まえ、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化予防を目的として、4回目接種を実施することとなりました。

Q2 4回目接種はどのような人が対象になるのか

A2

 3回目接種日から5カ月以上が経過した、次の1~4の方が対象です。

  1. 60歳以上の方
  2. 18~59歳で基礎疾患を有する方(具体的な基礎疾患の例についてはこちら(PDF文書))
  3. 18~59歳で重症化リスクが高いと医師が認める方
  4. 18~59歳で医療機関・高齢者施設等の従事者の方

Q3 4回目接種券が届かない

A3

 60歳以上の方の接種券発送スケジュールはこちら(内部リンク)。
 18~59歳の対象者の方で接種を希望する方は、接種券の発行申請が必要です。接種券の発行申請についてはこちら(内部リンク)をご覧ください。

Q4 基礎疾患の有無はどのように証明するのか

A4

 基礎疾患等の有無の証明は、自己申告となります。診断書などの提出は必要ありませんが、必要に応じて、問診で病気や治療の状況などを確認します。なお、予約時などの申し出内容と実際の症状が異なる場合、接種を受けられない場合があります。

Q5 4回目接種で使用するワクチンはどの種類か

A5

 令和4年7月6日現在、国内で4回目接種に係る薬事承認がなされ、予防接種法に基づいて接種できるワクチンは、ファイザー社製ワクチンと武田/モデルナ社製ワクチンです。
 ファイザー社製ワクチンは1~3回目接種時と同量(0.3ミリリットル)、モデルナ社製ワクチンは3回目接種時と同量(0.25ミリリットル)の薬液を接種します。予約時に、接種するワクチンをご確認の上、ご予約ください。

▲上に戻る

3回目接種について

Q6 3回目接種はどのような人が対象になるのか

A6

 2回目接種日から5カ月以上経過した12歳以上の方が対象です。
※3回目接種に武田社製のワクチン(ノババックス)を希望する方は、2回目接種日から6カ月経過後に接種することとなっています。

Q7 3回目接種で使用するワクチンはどの種類か

A7

 ファイザー社製または武田/モデルナ社製のワクチンを使用します。なお、12~17歳の方には、ファイザー社製のワクチンを使用します。

Q8 1・2回目接種と異なるワクチンを接種しても大丈夫なのか

A8

 3回目接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類に関わらず、ファイザー社のワクチン、武田/モデルナ社のワクチンまたは武田社のワクチン(ノババックス)を用いることとされています。
 令和4年7月6日時点では、ファイザー社のワクチンは12歳以上の方、武田/モデルナ社のワクチンおよび武田社のワクチン(ノババックス)は18歳以上の方に使用できます。

Q9 1・2回目接種を海外で受けたが、日本で3回目接種は受けられるのか

A9

 日本で薬事承認され、予防接種法に基づき初回接種が進められているワクチンは、ファイザー社(5~11歳用を含む)、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社、武田社(ノババックス)およびヤンセンファーマ社(※)のワクチンです。
 海外において、これらのワクチンを初回接種として受けた場合、日本で3回目接種を受けることは可能です。一方、上記以外のワクチン接種は、日本における初回接種とみなすことができないため、初回接種で上記以外のワクチンの接種を受けた方は、3回目接種を受けることはできません。

※ヤンセンファーマ社のワクチンにおける初回接種の接種回数は1回です。海外で1回接種が完了している場合、日本では2回目接種が完了しているものとみなし、海外で2回接種が完了している場合、日本では3回目接種が完了しているものとみなします。

▲上に戻る

小児接種(1・2回)について

Q10 なぜ、小児(5~11歳)の接種が必要なのか

A10

 小児においても中等症や重症例が確認されており、特に基礎疾患を有するなど、重症化するリスクが高い小児には接種の機会を提供することが望ましいとされています。また、今後さまざまな変異株が流行することも想定されるため、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました。

Q11 小児(5~11歳)の接種では、どのような効果があるのか

A11

 ファイザー社のワクチンは、小児においても、デルタ株などに対して、中和抗体価の上昇や発症予防効果が確認されています。オミクロン株に対しても、感染予防効果が期待されています。

Q12 1回目の接種後、2回目の接種前に12歳の誕生日が来る場合、2回目はどのワクチンを接種するのか

A12

 1回目の接種後、2回目の接種前に12歳の誕生日がきた場合は、1回目の接種時の年齢に基づき、2回目も1回目と同じ5~11歳用のワクチンを接種します。

▲上に戻る

1・2回目接種について

Q13 1・2回目接種はいつ実施しているか

A13

 1・2回目の集団接種は月1回実施しています。個別接種は各医療機関にお問い合わせください。予約開始日や接種日については、こちら(内部リンク)をご覧ください。

Q14 1・2回目接種で使用するワクチンはどの種類か

A14

 ファイザー社製のワクチンを使用します。

Q15 2回目のみを接種したい場合はどうすればよいか

A15

 座間市新型コロナウイルスワクチン接種相談・予約専用ダイヤル(TEL0120(115)875)または、初回接種を行っている個別接種医療機関(PDF文書)にお問い合わせください。

Q16 ファイザー社製のワクチンは、1回目から3週間後に2回目接種をすることになっているが、3週間以上空いても接種は可能か

A16

 標準の接種間隔である3週間を超えても、2回目の接種を受けることができます。なお、最も早い場合19日後に接種を受けられますが、それより前に受けることはできません。

▲上に戻る

ワクチンについて

Q17 どの種類のワクチンが一番効果があるのか

A17

 令和4年7月6日現在、日本ではファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社および武田社(ノババックス)のワクチンが、予防接種法に基づく接種の対象となっています。
 いずれのワクチンも、海外で数万人単位の大規模な臨床試験が実施されており、発症予防効果は、2回目の接種から一定の期間において、ファイザー社のワクチンが約95パーセント、武田/モデルナ社のワクチンが約94パーセント、武田社のワクチン(ノババックス)が約90パーセントと、高い効果が確認されています。

Q18 アストラゼネカ社製のワクチンを座間市で接種できるのか

A18

 令和4年7月6日時点で、座間市でアストラゼネカ社製ワクチンを使用する予定はありません。接種を希望する場合は、こちら(外部リンク)をご覧ください。

Q19 ノババックス社製のワクチンを座間市で接種できるのか

A19

 令和4年7月6日時点で、座間市でノババックス社製ワクチンを使用する予定はありません。接種を希望する場合は、神奈川県が設置する大規模接種会場(レンブラントホテル海老名)をご利用ください。詳しくはこちら(外部リンク)をご覧ください。

Q20 新型コロナウイルスに感染したことのある人でも、ワクチンを接種することができるのか

A20

 新型コロナウイルスに感染した方は、初回接種、追加接種に関わらず、ワクチンを接種することができます。ただし、初回接種を終えた後に感染した方では、体調が回復してから追加接種までの間隔について、暫定的に3カ月を一つの目安にすることとされてます。
 これは、このウイルスが一度感染しても再度感染する可能性があることと、自然に感染するよりもワクチン接種の方が、新型コロナウイルスに対する血中の抗体価が高くなることや、多様な変異に対する抗体の産生も報告されているからです。

▲上に戻る

予約について

Q21 電話とLINEでは、どちらが予約を取りやすいか

A21

 LINEは24時間(※)予約受付に対応しており、対人ではなくシステムで対応するためLINEの方が予約が取りやすいです。
 LINEの操作に不安がある方は、新型コロナウイルスワクチン接種相談・予約専用ダイヤル(午前10時~午後7時 無休)へお問い合わせください。

※毎週月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)の午前9時~10時はシステムメンテナンスのため予約することができません。

Q22 代理者のLINEアカウントからの予約は可能か

A22

 可能です。1人目の予約終了後、次の方の予約を行います。なお、予約には被接種者の接種券番号(10桁)と生年月日が必要です。

※LINEでの接種予約の確認とキャンセルは、予約した端末(スマートフォンなど)から行う必要があります。

Q23 予約の取り消しは可能か

A23

 接種日前日の午後7時までであれば、予約の取り消しが可能です。なお、LINEで予約の取り消しを行う場合は、予約を行った端末から手続きする必要がありますのでご注意ください。操作方法はこちら(PDF文書)をご覧ください。

▲上に戻る

接種券について

Q24 接種券が届かない/接種券を紛失/汚損した

A24

 接種券の発行申請をする必要があります。

  • 1~3回目の接種券発行申請についてはこちら(内部リンク)。
  • 4回目の接種券発行申請についてはこちら(内部リンク)。

Q25 住民票の住所以外の場所に住んでるが、今住んでいる場所に接種券を送ってもらえるのか

A25

 居所に接種券を送付することは可能です。
 申請方法は、接種券発行申請書の送付先住所欄に居所を記載し、添付書類をそろえて申請してください。 

  • 1~3回目の接種券発行申請についてはこちら(内部リンク)。
  • 4回目の接種券発行申請についてはこちら(内部リンク)。

▲上に戻る

接種後について

Q26 接種後に体調が悪化した場合は、どこに相談したらよいのか

A26

 神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンターにご相談ください。

  • 電話 045(285)0719(24時間無休対応)

※コールセンターでは、個別の医療機関などの紹介は行っていません。

Q27 接種済証を紛失した場合、どうすればよいのか

A27

 国内用のワクチンパスポートの申請が必要です。詳しくはこちら(内部リンク)をご覧ください。

▲上に戻る

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種推進課 ワクチン接種推進係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8405
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ