このページの本文へ移動

芹沢公園地下壕をVR映像で公開

2022年4月25日登録

 芹沢公園地下壕は、危険なため立入禁止となっていますが、慶応義塾大学 安藤広道教授(考古学・戦争遺跡研究)の撮影によるVR映像でご覧になれます。
 地下壕内部を少しずつ進みながら、スマートフォンの向きを変えたり動画をドラッグすることで、360度周囲を見回すことができます。
 現在、市公式チャンネル(YouTube)で公開中です。ぜひ、ご覧ください。

※映像がぼやける場合には、画面下部の設定ボタン(歯車)をクリックし、高解像度設定にしてください。また、データ通信量が大きいため、Wi-Fi環境で視聴することをお勧めします。

 安藤教授は考古学の手法を用いて戦争遺跡を研究されており、芹沢公園地下壕に関しては、「座間むかしむかし第43集」にも収録された郷土講演会「戦争遺跡研究の進め方-高座海軍工廠芹沢地下壕から考える-」講師の他、「Stroly」を活用した「高座海軍工廠第三工場区アーカイブMap」を作成しています。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課 市史文化財担当
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8431
FAX番号:046(252)4311

ページの先頭へ