このページの本文へ移動

在宅酸素療法時の火気取り扱いにご注意を

2021年9月1日登録

たばこなどの火気取り扱いにご注意ください

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、在宅酸素療法で自宅療養されている方が増えています。
 在宅酸素療法に使用する「酸素濃縮装置」、「液化酸素装置」および、「酸素ボンベ」の使用中に喫煙等火気使用が原因と考えられる火災が発生しています。

在宅酸素療法を行う際は、次の事項にご注意ください

(1)高濃度の酸素を吸入中に、たばこなどの火気を近づけるとチューブや衣服などに引火し、重度の火傷や住宅の火災の原因になります。

  

(2)酸素濃縮器などの使用中は、装置の周囲2メートル以内に火気を置かないで下さい。特に酸素吸入中には、たばこを絶対に吸わないで下さい。

(3)火気の取り扱いに注意し、取扱説明書通りに正しく使用すれば、酸素が原因でチューブや衣服が燃えたり、火災になることはありませんので、過度に恐れることなく、医師の指示通りに酸素を吸入して下さい。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

予防課 査察指導係
〒252-0011  座間市相武台一丁目48番1号
電話番号:046(256)2187
FAX番号:046(256)3225

ページの先頭へ