このページの本文へ移動

市制施行50周年を一緒に祝う3団体の事業を紹介

2021年4月30日登録

 市では、市民の皆さまと共に市を挙げて市制施行50周年を祝い、さらなる市勢の発展への契機とすることを目的に、「市制施行50周年記念市民提案事業」を実施します。
 本事業は、活動拠点を本市とする3団体が実施することとなり、市ではこの3団体に、本事業の内容や思いを聞きました。

 [国際ソロプチミスト座間]
●団体の概要
・団体名:国際ソロプチミスト座間
・設立年月日:平成10年6月

soropuchi
左から滝さん、山本さん、片野さん、内藤さん、溝渕さん

●普段の活動内容
 メインは女性と女児の生活と地位向上のための支援活動。また、児童養護施設などの施設に歳入事業の収益を寄付する活動や、国内外で災害が発生した際は被災地に支援金を送る活動をしている。

●50周年記念市民提案事業の内容や特徴的なところ
 湧水、風、古道、ひまわりなどを中心に市内で感じられる座間市の原風景を盛り込んだ新曲を有名なオペラの演出家や作曲家を巻き込んで制作する。新曲を披露するコンサートには、座間高校の創作舞踏部にも参加してもらい、市民や市の関係者とともに50周年を祝うステージを一緒につくりあげたい。

●記念市民提案事業に応募した理由
 団体として市制50周年という節目の年に、何か取り組みたいと思った。会員に歌手がいて、座間市をアピールする新しい楽曲を作りたいという思いがあり、楽曲の作詞・作曲を進めている。

●市民の方へ伝えたい思いやPRしたいこと
 普段コンサートを観に行かない人でも楽しんでいただけるように、馴染みのある落語とオペラを組み合わせた「落語オペラ」や、座間市の魅力を改めて感じていただけるコンサートを開催したいと思う。また、行政から一方的なものではなく、市民も一体となって事業を実施し、一緒に50周年を祝いたい。

●記念市民提案事業の意気込み。
 50周年の記念事業を盛り上げ、さらに今年度だけでなく、今後も残り続けるような曲づくりを目指したい。

 [IDEA(イデア)]
●団体の概要
・団体名:IDEA
・設立年月日:平成25年1月

idea
代表の矢野さん

●普段の活動内容
 活動のテーマは「学校をお休みしている子どもと保護者のプラスになるような活動」。学校をお休みしている子どもたちが企画・運営するふぁみりーフェスなどのイベントや、学校をお休みしている子どもの保護者のために、子どもの進路などに関する情報交換会などを実施している。

●50周年記念市民提案事業の内容や特徴的なところ
 事業のメインは「“人”でつづる座間の50年史」。企画と運営は学校をお休みしている子どもたち。この50年間で座間市の良い出来事に関わった人にインタビューをし、50年史を一緒につくりあげていく。
 また、インタビューから得たアイディアや、本事業を通じて子どもたちが「これから生きる上で学びたい」と感じたことを反映させたオンラインイベント「ゆめの「学校」フェス」を開催する。例えば、株について学びたいという意見があれば、株について詳しい方を講師として招いてオンライン講座を実施するなど、学校ではなかなか学べないことを学べるイベントを開催したい。

●記念市民提案事業に応募した理由
 「不登校」という言葉のイメージを変えるため。学校をお休みする間に何をするのかが大切。「不登校=負い目を感じること」と捉えるのではなく、「選択肢の1つ」として捉えられる、また、経験者や関わりのある人たちだけでなく、地域全体でも身近なワードの1つとして認識してもらえるような言葉にすることを目指したい。」

●市民の方へ伝えたい思いやPRしたいこと
 「学び」を改めて考える機会として、本事業に参加して楽しんでもらえたら嬉しい。参加者と「学べる喜び」を共有できるような事業にしたいと考えている。また、チームメンバーは4月から募集しており、どなたでも参加できるので、関心のある方はぜひご協力をお願いしたい。

●記念市民提案事業の意気込み
 一人でも多くの人とつくりあげ、一人でも多くの人に楽しんでもらえる事業にするために手を尽くしたい。

 [座間市学校給食研究会]
●団体の概要
・団体名:座間市学校給食研究会
・設立年月日:昭和47年6月

gakkoukyuushoku
左から田中会長、山田さん

●普段の活動内容
 給食の献立の検討や、学校給食の課題の研究・解決のために活動している。市内各校・学校給食優良学校の見学のほか、夏休みには親子向けの料理教室、調理員の研修なども実施している。中学生でお弁当に切り替わる6年生には、給食の人気メニューが食べられるようレシピ集も配布している。

●50周年記念市民提案事業の内容や特徴的なところ
 座間市は日常から座間産の野菜などを使用しており地場産率が県内でもトップクラス。今回は50周年を記念し、野菜だけでなく座間産のお米も使用した給食を作る。市制が施行された11月1日前後で市内の小学校に提供する予定。
 また、座間市の農産物MAPをデザインした記念クリアファイルも作成する。

●記念市民提案事業に応募した理由
 子どもたちに座間市の農産物について改めて紹介したいという思いがあった。ただ子どもたちが農産物を知るだけでなく、実際に農産物を食べることで、記憶に残るような給食にしたい。

●市民の方へ伝えたい思いやPRしたいこと
 座間市内の小学校は全て自校給食で、学校、栄養士、農家など関係者との連携が密に図ることができる。そのため、関係者と良好な関係を築いており、地域でつくられた安全な農産物を子どもたちに提供することができる。また、単に給食を作るだけでなく、市内の農産物を使用することで、市内農業の活性化などの相乗効果にも期待できる。

●記念市民提案事業の意気込み
 未来をつくる子どもたちに、おいしい地域の農産物を使った給食を通じて地元の良さを伝えたい。また、市制施行50周年を子どもたちと一緒にお祝いしたい。50周年記念給食を通じて、子どもたちにもっと座間市のことを知ってもらうきっかけとしたい。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民協働課 市民活動係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7966
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ