このページの本文へ移動

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言の期間延長に対する市長メッセージ

2021年3月8日登録

市民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症に対し、長期間に渡り市民の命と健康を守るために最前線で頑張っていただいている医療救急現場、社会福祉施設の従業者をはじめ、経済活動の継続に欠かすことのできないエッセンシャルワーカーの皆さま、感染防止対策に取り組まれる多くの市民の皆さま、事業者の皆さまに心から感謝を申し上げます。
 これまでの市民の皆さま、事業者の皆さまのご協力により市内の新規陽性患者数は減少傾向に転じてきておりますが、首都圏の範囲で見るとクラスターの発生や経済活動等による人の行き来の増加に伴い感染者数が大きくは減少しない、いわゆる下げ止まりの状況が続いております。
 このことから、国は、1月7日に発出した特措法に基づく緊急事態宣言について、神奈川を含む1都3県においては、その期間を3月21日まで再延期することを決定しました。
 期間の延長によって、市民の皆さま、事業者の皆さまには更なるご負担とご不便をおかけすることと存じますが、ご自身や大切な人の健康と命を守るため、マスクの着用、3密の回避、手洗い消毒など基本的感染防止対策について引き続き徹底していただきますようお願いいたします。
 市は、新型コロナウイルス感染症を起因とする生活支援や経済支援対策について、国や県と連携しながら取り組んでいるところです。また、ワクチン接種についても医師会の先生方、イオンモール座間をはじめ医療機関の皆さまから力強いご協力をいただき、市民の皆さまに安心して接種いただけるようその準備を全力で進めております。
 この難局を一人一人の意識と行動で乗り越え、一日も早く収束するよう引き続きご協力をお願いいたします。

令和3年3月8日


座間市長 佐藤弥斗

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ