このページの本文へ移動

通電火災にご注意を

2020年7月17日登録

 急な豪雨、地震などで停電すると、再通電時には電気機器または電気配線からの火災(通電火災)が発生する恐れがあります。

再通電時には次のことに十分注意をしてください。

・停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱すること。
・停電中に自宅などを離れる際はブレーカーを落とすこと。
・再通電時には漏水などにより電気機器などが破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用すること。
・建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生などの異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡すること。

 

 通電火災にご注意を! 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

予防課 査察指導係
〒252-0011  座間市相武台一丁目48番1号
電話番号:046(256)2187
FAX番号:046(256)3225

ページの先頭へ