このページの本文へ移動

あおり運転は犯罪です

2020年6月18日登録

 改正道路交通法(令和2年6月30日施行)により、「あおり運転」「妨害運転罪」と定められています 

 これにより、他の車両などの通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持などの違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。
 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられ、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなります。


 車を運転する際は、周りの車などに対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、不必要な急ブレーキや無理な進路変更などは絶対にやめましょう。


 妨害運転を受けるなどした場合は、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。
 

 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転などの悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。ドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。
 


詳しくは、下記の警察庁のURLからアクセスし、ご確認ください。 
 www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/aori.html

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民協働課 交通防犯係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8158
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ