このページの本文へ移動

令和3年度座間市民ネット芸術祭~文芸展~短歌部門

2021年11月11日更新

公開期間

10月12日(火)~12月24日(金)

※すでに応募は締め切りました。                                      
※例年ハーモニーホール座間で開催していた座間市民芸術祭文芸展は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催しません。

選歌結果

伊田 登美子 先生 御選
 

天  戦死とふ動かぬ事実のみにして父の記憶を夫は持たざり
                                                                         栗原中央 勝家幸子

(寸評)「戦争とは何か、何であったか」それは「戦死といふ動かぬ事実」であろうと、戦死した父を幼き日に亡くし、父との記憶を持たない夫に心を寄せ、戦争の傷の深さを表白した内容の重い作品である。

 

地  袖つかみおおそとがりに打ち倒す形うつくし五輪柔道
                                                                     
小松原 原田好子

(寸評)コロナ禍に考慮し、無観客で開催されたオリンピック。様々のドラマが生まれた中で、柔道のおおそとがりに打ち倒す一本勝ちのその一瞬の技を「袖つかみ」と巧みに捉えた臨場感のある爽快な一首。

 

人  笑うこと忘れし日々にちょっとだけ鏡に向い微笑んでみる 
                                                                         
入谷西 松井マチ子

(寸評)「笑うこと忘れた日々」とはコロナ禍による自粛に籠る心境そのものと思う。不要不急の日々にあれば誰にも会わず会うのは鏡の中の自分自身。それにちょとだけ微笑んだとは何とも寂しい限りである。
 

〈総評〉
「座間市民ネット芸術祭」短歌参加作品は94首でした。
新型コロナウイルス感染拡大による自粛不安の環境の中での自然詠・生活詠・時事詠等々。創作視点の感性度の高められた意欲的な作品が多かったことを記し、評価したいと思います。

梅田 稔 先生 御選
 

天  まだ歌にならざる言葉メモしては消して又書き一日の終る
                             入谷西  松井 マチ子

(寸評)歌の断片ともいえる言葉が浮かんだ時、それをメモしておく。そして、そこからまた何かが思い浮かぶ。そんなこんなで、書いたり消したりで一日が終わる。短歌を作る楽しさと苦しさがよく出ています。

 

地  誰の手も触れさせぬわが糠床にあやめ雪蕪そと漬けこみぬ
                            小松原  遠藤寛

(寸評)糠床の手入れは、つける人によって多分味も変わってくるのだろう。よって、他人には触れさせない。そこにあやめ雪蕪をそっと漬け込む。「あやめ雪蕪」、いい響きですね。旨いに決まっている。

 

人  地図を横に京が舞台の時代もの読書の中に旅を味わう
                          入谷東  佐野なをみ

(寸評)コロナ禍で旅もままならない日々。せめて読書の中で旅気分を味わおうと、地図帳を横に置いてその時代にトリップしてみる。なかなか乙なものですね。なお、僭越ですが「地図横に京を舞台の時代もの読書の中に旅の味わい」を上記のように少し直してみました。


〈総評〉今年度もコロナの影響でネットでの開催ということで、仕方のないことですが、出品者も少なくて寂しかったです。来年度は、もとに戻れるように期待しています。特選三首のほかにもいいうたはありましたので、いくつかあげておきます。

原発と津浪の跡の残りたる場所は通らぬ復興聖火

戦死とふ動かぬ事実のみにして父の記憶を夫は持たざり

新生児を抱っこのママと退院の荷物持つパパ数組みに会う

 高橋 正利 先生 御選


天  戦死とふ動かぬ事実のみにして父の記憶を夫は持たざり
                           栗原中央  勝家幸子

(寸評)いわゆる忘れ形見であろうか。戦地に赴く前に結婚して出征すると、生還率が高いという言い伝えがあったような気がする。本人は事実のみを噛みしめているが、その傍らで妻の優しさが光っている。歴史的な背景を持ったよい歌となった。

 

地  袖つかみおおそとがりに打ち倒す形うつくし五輪柔道
                         小松原  原田好子

(寸評)賛否両論の前評判のなかで、東京五輪の柔道はメダルラッシュに沸いた。中でもおおそとがりの金メダルはお見事で日本柔道の奥義である。四句の質素にして適切な表白は一本勝ちである。

 

人  ひまわりはいちめんに無心に咲き誇る三密・自粛のざまりん畑
                               相武台  蓮見孝子

(寸評)コロナ禍の中にあればざまりん畑もご多分に漏れず、三密・自粛である。無心に咲きほこるひまわり畑、否ざまりん畑であった。時局をさりげなく取り入れマスコットに同化した所に好感が持てる。

 

 応募作品

外出もままにならないこの夏は服も二着で用の足りたり

コロナ禍は旅の記憶を取り出して好きな所に思いのままに

地図横に京を舞台の時代もの読書の中に旅の味わい

草刈りのモーター音と金属音蝉時雨とのシンフォニーかな

モロッコの選手の笑顔弾けたりオリンピックでホールインワン       
                        
                                                                          入谷東  佐野 なをみ

亡き人の庭に咲くバラの名を問わば「しのぶれど」とか色はむらさき

原発と津浪の跡の残りたる場所は通らぬ復興聖火

被災地の人の心を思えども金メダルには拍手を送る

全国でコロナ感染拡大し言葉も出ない友とのライン

初鳴きのミンミン蝉を聞きながら庭に水撒く八月の朝           
                        
                                                                          相武台  藤井 美智子

袖つかみおおそとがりに打ち倒す形うつくし五輪柔道

凌霄花(のうぜんかずら)となりの人にからみ咲きはるかな人へ根を伸ばす夏

よろこびと悲しみの幅をなだらかに庭樹しらかしきようも佇む

残薬の心鎮める薬あり夫のリハビリ闘病想う

反物がシュッと音立て「四君子」を現わし絹の宇宙を造る          
                          
                                                                           小松原  原田 好子

ひまわりはいちめん無心に咲き誇る三密・自粛のざまりん畑

夏草の茂る山路に孤高に伸びわれはわれなり山百合の花

ワクチンの接種近づき夫に告ぐほほえむ遺影コロナとう知らず

「おいしいね」言い交わすひと亡けれどもわが身を養う三度の献立

ぬばたまの夜に眠られず耳もとのラジオに聴く金メダルの数         
                        
                                                                           相武台  蓮見 孝子

誰の手も触れさせぬわが糠床にあやめ雪蕪そと漬けこみぬ

継ぐ者なき母の生家の谷戸の田は野となり果てて露草の咲く

田の土の匂いの残るザリガニを家族で食(は)みし代搔き終えて

肉野菜いためのわずかなバラ肉を幼き我等に選(よ)りくれし母

初恋の君にもらいし「みだれ髪」古稀すぎてまた静かに開く      
                       
                                                                              小松原  遠藤 寛

行く春の陽にきらめきて散る桜谷戸の小径(こみち)に光り舞ひ見ゆ

さやさやと風に若葉のそよぎ見ゆ命育む初夏の陽に映ゆ

野分過ぎ秋の陽強し畑の道煌(きら)めき見ゆる芒穂の群れ

暮れ泥(なづ)む暑し夕べも風立ちて夕陽に映ゆる向日葵揺れり

遠雷の響(とよも)し聞こゆ昏るる街激しき驟雨(しゅうう)窓を打ち過ぐ  
                       
                                                                           入谷東  伊藤 光義

笑うこと忘れし日々にちょっとだけ鏡に向い微笑んでみる

この家に一家団欒はなきものと独りの部屋にアルバム捲る

まだ歌にならざる言葉メモしては消して又書き一日の終る

夫逝きて十年過ぐるもかかさずに荒尾の梨が友より届く

もう二度と戻れぬだろうか故郷に 今日も足腰きりきり痛む        
                       
                                                                        入谷西  松井 マチ子

老い先の不安もらすに「任せてよ」屈託もなく娘は言ひ放つ

さりげなく声掛け夫は白杖の人を誘ひ横断すます

不意をつく大地震に怯え夫とわれ不協和音の何時しか解けをり

実生なる朝顔そよぐ寄る辺なく 病む姉思ふ我が目の前に

戦死とふ動かぬ事実のみにして父の記憶を夫は持たざり         
                                                             
                                                                    栗原中央  勝家 幸子

米寿の祝福をうける留袖の胸元映ゆる赤き帯あげ

八重洲口地図を頼りと歩む吾に道を問いぬる若者たのし

大瀬の浜流木をひく若者の黒く光りぬ背中眩ゆし

日差しうけ干竿をふく足もとの蕗のとうにも年始のあいさつ

古寺の竹林に佇てば春風が緑光にのって葉音奏でる            
                                                           
                                                                      相武台  岡田 民子

梅雨明けのするどき陽射しに急かさるる君子蘭鉢木蔭に移す

誘ひ合ひやうやく決めし山歩き感染拡大きっぱり中止に

雀らの今朝の囀り徹りたる剪定あとの木犀あたり

聴力の衰へ互ひに思ふ夕夫語り出す初蝉のこと

念願の看護師になる孫からの「がんばるからね」と短かきメール        
                                                             
                                                                        明王  清水 園江

海見ゆる丘の昼食プーケットの山海の珍味つぎつぎと出づ

美女揃ふ民族舞踊に混じりたり性転換せし体格良きふたり

観光のバスより見ゆるプーケット田園風景にこころ和めり

ほほゑみの国プーケットの特産のカシューナッツを八袋買ふ

船旅で廻りし国のその中で一番好きなプーケットかな
            
                                                                     緑ケ丘  岩本 修子

静かなる山の間の小池地区鶯鳴きて清らかなりし

座間市内フレンド号が活躍し病院行くのに便利になりし

大雨が降る度毎に心配の目久尻川も改修後安堵

ピヨピヨと声かけながら小綬鶏(こじゅけい)が民家のそばの草むらに居つ

雲雀鳴く声懐かしく見上げれば青空高く羽ばたき上る             
                                                                  
                                                                         栗原  斉藤 計一

サキソフォンのせつなき甘さに目をつむり奏者の口と指を想ふも

カレンダー新聞テレビ不要なる猫を偉いと思ふ元日

真みどりのつぼみゆつたり白みきて夫の遺影にささやく白百合

草原を駈ける兎のやうな瞳(め)でベジタリアンの子レタス食(は)むなり

市制施行五十周年初めての女性市長に燿ふ向日葵             
                                                              
                                                                    緑ケ丘  髙田 孝子

わがベッドにセンサーライト設置せしはやさしき男に育ちたる孫

目の手術受けし三十年前に姉に贈られし大文字辞典

姉呉れし大文字辞典に挿みゐし文に泣くなり九十のわれは

煎り豆を小袋に下げ従事せり学徒労働のかの暗き日び

苦心して咲かせし黄いの冬薔薇(ふゆさうび)戦時を思ひコロナ禍に耐ゆ  
                                                                
                                                                   新田宿  波多野 綾子

坂道を手車押して老婦人赤いブラウス心に残る

雑炊を作り戦後の飢え思う買い出しリック聞く人もなし

老衰の仲間入りして院内でカルテ覗くが横文字に泣く

連れ添いし妻の背筋のちじむさま助け庇(まかな)う浅い献立

猛暑日を生き長らえて茶をすする見合わす顔に皺が波打つ         
                                                                  
                                                                     緑ケ丘  大谷 美良

菌見えずどこにいるやら闇の中世界をおよぐコロナウイルス

夏草や過疎地に並ぶ石仏参る人なくしづかにねむる

この夏をどうすごすかや八十路道コロナ自粛と熱中症と

万緑や神のふところ筑波山幾万年と平野を守る             
                                                              
                                                              相模が丘  清水 しづ子

結果しか見ない我らが見落としてしまう彼らの数多な努力

追加試技拒否して金を分かち合う高跳び二人心が躍る

趣味を捨て自由な時間捨てて得た温かい家家族の時間

朝顔の世話しない子に成り代わり紫の花見頃独占

前歯抜け変なスイッチ入ったか自作の踊りで喜び表す            
                                                               
                                                                入谷西  渡邊 健太郎

巨大なる病院に来る人の数昼近き頃も途絶ゆることなき

駐車場の止め置く場所をしっかりと覚えておかむ迷わぬように

新生児を抱っ子のママと退院の荷物持つパパ数組みに会う

新生児の退院時間か数組の幸せそうな親子に会える

何となくマスクの内のわが顔が新生児見てにこやかになる          
                                                              
                                                                   南栗原  峰尾 昌子

童心と荒城の月と桜をばあしらふ墓碑に妻を弔ふ

佳きしらせ敢へて手書きのメモ添ふを手に握りしむ切々偲々と

処女作の蒲公英の歌掛け軸に仕上げて偲ぶバブル期の友

孤を描きみるみるうちに舞ひ上がる大鷹一羽吾を捨て置き

色とてもあるやなくやの春蘭の幻に啼く鴬の声                
                                                             
                                                                      入谷東  坂口 勇

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課 文化係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8476
FAX番号:046(252)4311

ページの先頭へ