このページの本文へ移動

家庭から出るごみの捨て方

2020年5月22日登録

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛やテレワーク(リモートワーク・在宅勤務)が推奨されていることから、家庭で過ごす時間が増え、家庭から出るごみ(特に燃やすごみ)が増えています。
 「食べ残しを無くす」、「持ち帰り容器などのプラスチック製容器包装の分別を徹底する」、これらを心がけることで、家庭から出る燃やすごみの量を減らすことができます。
 燃やすごみの減量化にご協力をお願いします。

  家庭でできる燃やすごみの減らし方                                   

 例えば…

  1. 食べ残し(食品ロス)を無くす!
  2. プラスチック製容器包装を分別して捨てる!
  3. 生ごみの水切りをする!
  4. きれいな紙を分別して捨てる!
  5. 改めて分別・収集ルールを確認する!

などなど。

  さまざまな工夫で燃やすごみは減らせます。
 燃やすごみの削減にご協力をお願いします。

 プラスチック製容器包装
●持ち帰り(テイクアウト)用のプラ容器も、
 きれいにしてプラスチック製容器包装の日に出しましょう。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

資源対策課 資源対策係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7985
FAX番号:046(252)7616

ページの先頭へ