このページの本文へ移動

大協技研工業株式会社、有限会社樹脂リードモデルから医療用フェースシールドの寄贈

2020年5月13日登録


大協技研工業代表取締役社長大山さん(右)、
樹脂リードモデル代表取締役迎さん(左)と市長(中)

 市では、4月30日に大協技研工業株式会社座間事業所(栗原)、有限会社樹脂リードモデル(小松原)から新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、医療用フェースシールド200枚の寄贈を受けました。
 寄贈した大協技研工業の大山さんは、「何かできる事はないかと考えていたところ 、樹脂リードモデルさんから声をかけてもらいました。 座間で働く人に届けてほしいです」と話し、樹脂リードモデルの迎さんは「以前病院で医療従事者の方に助けてもらいました。恩返しの意味も込め 、医療現場などで使ってほしいです」と話しました。
 寄贈を受けて市長は、「市内の医療現場でもさまざまな物が不足しています。早速、物だけではなく気持ちも届けたいと思います」と話し感謝の意を伝えました。
 市は、寄贈を受けた医療用フェースシールドを市内の医療機関に配布し、新型コロナウイルス感染症拡大防止に活用します。

フェイスガード

フェイスガード
寄贈を受けたフェースシールド

問い合わせ先 健康づくり課 TEL046(252)7225

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ