このページの本文へ移動

定例記者会見(令和2年4月22日)

2020年4月24日登録

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る在宅勤務等を実施
一時生活支援事業 住まいに関する支援
郷土への愛と誇りを育む副読本「郷土の先人に学ぶ」第4版を刊行
座間の郷土史をつづる「座間むかしむかし」第42集を刊行
新型コロナウイルス感染症対策に コストコホールセールジャパン(株)座間倉庫店からマスクを寄贈


新型コロナウイルス感染拡大防止に係る在宅勤務等を実施

 市では、職場における感染リスクの低減および職員がり患した際の市民サービスの維持を図るため、職場勤務と在宅勤務等を交互に行う勤務体制及び執務場所の分離を本日(4月22日)から神奈川県の緊急事態宣言発令の期間実施します。
 この取り組みに当たり、「座間市業務継続計画」を新型コロナウイルス感染症に対応するものに見直しを行い、各所属部署で最低限必要な人員を確保しながら複数の班体制を組み、自宅勤務の他、新型コロナウイルス感染症対策で貸館を中止している公共施設や空き会議室等を活用し、リモートワークを行います。

「在宅勤務等の実施について」
実施期間 4月22日(水)~緊急事態宣言発令期間(神奈川県)

問い合わせ先 職員課 TEL046(252)7911

▲このページのトップへ

一時生活支援事業 住まいに関する支援

 市では、住まいでお困りの方を支援するため、特定非営利活動法人「ワンエイド」(理事長:松本篝)へ委託し、4月1日から一時生活支援事業を開始しました。
 同事業は、住まいを失った方などを支援する「一時生活支援」と、住まい探しをする方などを支援する「地域居住支援」からなる事業で、令和元年7月から実施してきた「居住支援推進事業」を拡充して実施するものです。
 一時生活支援では、住まいのない方や住まいを失う恐れのある方へ、同法人の借り上げた物件を提供する他、1日3食の食事など生活に必要なものを提供します。同支援は、市の家計改善支援や就労支援などと一体的に実施し、利用者の自立につなげます。
 なお、同支援の利用は、原則3カ月以内としています。
 地域居住支援では、高齢や障がい、保証人がいないなど、さまざまな理由で住まい探しに困っている方へ、同法人が入居可能な物件情報の紹介や契約の支援を行う他、協力不動産事業者の開拓などを行います。
 いずれの支援も、市の相談支援員が、相談者の状況を聴き取り、支援計画を作成し、同法人に依頼し実施します。

問い合わせ先 生活援護課 TEL046(252)8566

▲このページのトップへ

郷土への愛と誇りを育む副読本
「郷土の先人に学ぶ」第4版を刊行  

 市教育委員会では、小・中学生のための副読本「郷土の先人に学ぶ」の第4版を刊行しました。
 この副読本は、座間市学校教育指導計画の中核である「豊かな心を育むひまわりプラン」の「こんな大人になってほしい」という項目の「めざす大人」の実例として、座間の先人たちの業績や人間性にスポットを当てて書かれたものです。
 今回の第4版では新たに、「時代の変化の中、郷土の教育に思いをはせ、世代を超えて学校を設立した『大矢弥市氏』」「座間の生糸をブランド化し、地域復興に力を注いだ『瀬戸吉五郎氏』」の2話を加えました。
 これらはそれぞれ浅野寛氏(教育史編集員)と市内小中学校教員によって執筆されたもので、子どもたちの教育に関わる人たちの手で創られた副読本は、近隣市を見ても、あまり例がありません。

 郷土の先人に学ぶ

◆閲覧場所、頒布価格など
○ところ 市役所1階の市民情報コーナー
○価 格 310円(税込)(B5版 136ページ)

問い合せ先 教育指導課 TEL046(252)8460 

▲このページのトップへ

ざまの郷土史をつづる
「座間むかしむかし」第42集を刊行

 市教育委員会では、座間の郷土史をつづる「座間むかしむかし」の第42集を刊行いたしました。本書には、「大矢弥市と木杯」と「寺子屋師匠 滝沢仁平の座間開業と水鉢の『舎田堂』銘」の2編を収録しました。
「大矢弥市と木杯」は、教育史編集員の浅野寛(かん)氏の執筆によるものです。大矢弥市は「むかしむかし」シリーズでも何度か取り上げられている人物ですが、今回は、大矢弥市が明治時代に当時の政府から賞され記念の木杯を受け取ることになった業績についてまとめられています。
 また、「寺子屋師匠 滝沢仁平の座間開業と水鉢の『舎田堂』銘」は、教育史調査員の野上剛志氏の執筆によるもので、江戸時代末期に座間で活躍した寺子屋師匠・滝沢仁平に関する石造物などの資料を調査し、まとめたものです。
 収録する2編とも、近代座間の偉人をテーマとしていますが、最近の調査研究によって判明した事実も記載されており、郷土理解の一助に、また地域史研究の参考となれば幸いです。


座間むかしむかし 

◆閲覧場所、頒布価格など
○ところ 市役所1階の市民情報コーナー
○価 格 200円(税込)(A5版 42ページ)

問い合わせ先 生涯学習課 TEL046(252)8431

▲このページのトップへ

新型コロナウイルス感染症対策に
 コストコホールセールジャパン(株)座間倉庫店からマスクを寄贈

 市では、市内で会員制の大型倉庫型店舗を構える「コストコホールセールジャパン(株)座間倉庫店」(東原1-13-3)から、市内消防署の救急隊で使用して欲しいと、マスク2,500枚の寄贈を受けます。
 現在、全国的に深刻な問題となっている新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクが不足しており、市消防本部としては、我々消防機関が感染しては、市民を災害から守ることができず、マスクの入荷が困難な状況下での今回の寄贈は、大変有り難いことであり、有効に活用させていただきます。

問い合わせ先 消防総務課 TEL046(256)2211

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ