このページの本文へ移動

家賃支援の対象拡大

2020年4月30日更新

 求職活動をする方へ一定期間の家賃相当額を支給する「住居確保給付金(内部リンク)」の対象を以下の通り拡大しました。
 詳しくは、下記の関連リンク「休業・離職などで住まいにお困りの方へ『住居確保給付金』」をご覧ください。

対象 離職・廃業から2年以内の方、休業などの理由で収入が減少した方
※休業などによる収入減少が追加となりました。

給付内容

支給額(上限) ▽単身世帯=4万1千円▽二人世帯=4万9千円▽3~5人世帯=5万3千円
支給期間 3カ月(延長の場合あり)

給付要件チェックリスト

 以下の項目の全てに該当する方は、担当へお問い合わせください。

離職・廃業から2年以内または休業などにより収入が減少している。
上記状態になる前に生計維持者であった。
申請月における世帯の収入が下表1の基準額を超えていない。
申請時における世帯の預貯金が以下を下回る。
▽1人=50万4千円▽2人=78万円▽3~5人=100万

表1

世帯人数 基準額
1人 8万4千円 +家賃額(1人世帯4万1千円、2人世帯4万9千円、3~5人世帯5万3千円上限) =最大12万5千円
2人 13万円 =最大17万9千円
3人 17万2千円 =最大22万5千円
4人 21万4千円 =最大26万7千円
5人 25万5千円 =最大30万8千円

 ※基準額は家賃額によって異なります。詳しくは、担当へお問い合わせください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

生活援護課 自立サポート担当
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8566
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ