このページの本文へ移動

リチウムイオン電池などは分別して出してください

2020年2月21日登録

 廃棄物の収集運搬・処分の過程で、使用済みのリチウムイオン電池やリチウムイオン電池内臓製品が混入し、火災の原因となる事例が発生しています。

 リチウムイオン電池などを捨てるときは、
 必ず分別して「燃えないごみ」に出してください。

 リチウムイオン電池は、衝撃が加わると電極同士がショートして、発熱・発火する恐れがあります。
 市内においても、パッカー車に投入された燃やすごみに混入していたリチウムイオン電池に対し、回転盤の圧力がかかったことが原因とみられる火災事故が発生しました。

発火したパッカー車
発火したパッカー車


 また、高座クリーンセンターにおいても、不燃ごみの処理をするマテリアルリサイクル施設で、リチウムイオン電池などが原因と思われる火災が発生し、約1カ月間不燃ごみの処理が出来ない状態となりました。
 高座クリーンセンターは、座間市、海老名市および綾瀬市の家庭などから出される可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみの受入・処理をしているごみ処理施設です。
 火災などにより施設の稼働が停止すると、ごみ処理に大きな影響を及ぼすことになり、市民の皆さんの生活にも多大な影響をあたえてしまうこととなります。

電池類
高座クリーンセンターに持ち込まれたリチウムイオン電池など

 リチウムイオン電池など(その他の充電池・乾電池・ライター・引火性のあるものも含む)は、火災の原因となり非常に危険です。
 そのため、火災事故などを未然に防ぐために、リチウムイオン電池などの処分については、燃えないごみの日に「リチウムイオン電池」などとわかるように書いて、別の袋に入れて出してください。
 なお、ごみの出し方については、下部の関連リンク先や分別ガイドなどをご覧いただくか、担当部署までお問い合わせください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

資源対策課 資源対策係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7985
FAX番号:046(252)7616

ページの先頭へ