このページの本文へ移動

座間市生活支援体制整備事業 第1層(市域)の取り組み

2020年6月8日登録

 座間市生活支援体制整備事業の概要は、こちらをご覧ください。(内部リンク)

 

第1層協議体とは

 第1層協議体は、多様な主体が、市内全域に共通する在宅高齢者などの生活上の課題や、課題に関連する各主体の活動・事業について、定期的に情報共有・意見交換を行う場です。
 「ざまライフボート」の愛称で3カ月に1回程度開催し、NPO法人、社会福祉法人、地縁組織(自治会、地区社協)、民生委員、介護サービス事業者、ボランティア団体、介護サービス事業、市商工会議所、行政の代表者などが参加しています。
 地域の多様な主体がそれぞれの知恵と力を出し合うことで、高齢者などの生活を支える助け合い・支え合いのサービスの充実・強化を図ります。 

これまでの取り組み

平成28年度

  • 学識経験者や先進的な活動を行う市外の住民グループの代表を招いての情報交換会を開催
  • 11月、第1回協議体を開催

平成29年度

  • 協議体の名称を「ざまライフボート」に決定
  • 「在宅高齢者等の活動・交流の場(居場所)」「独居高齢者等への見守り」「在宅高齢者等への買物支援」について情報共有・意見交換

平成30年度

  • 「在宅高齢者等への買い物支援」について、プロジェクトチームを立ち上げ

平成31年度(令和元年度)

  • 「在宅高齢者等への買い物支援」「在宅支援サービス事業者の、訪問時の駐車スペースの確保」「在宅高齢者の居場所づくりや見守りにつながる、地域のつながりの構築」について情報共有・意見交換

 

第1層協議体の設置に向けた取り組み

 地域包括ケアシステム構築にかかる情報交換会

第1層協議体の取り組み

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

介護保険課 地域支援係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7084
FAX番号:046(252)8238

ページの先頭へ