このページの本文へ移動

座間市火災予防条例の一部を改正

2019年6月27日登録

 令和元年6月27日から上位法令の改正に伴い、座間市火災予防条例(以下、条例とする)の一部を3点改正しました。内容については以下の通りです。 

(1)住宅用火災警報器の設置免除(第29条の5)の要件に「特定小規模施設用自動火災報知設備を特定小規模施設における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令に定める技術上の基準に従い、又は当該技術上の基準の例により設置したとき」が追加。

(2)条例第29条の5第1号中の閉鎖式スプリンクラーヘッドの規格が「表示温度が75度以下で作動時間が60秒以内のもの」から「表示温度が75度以下で種別が1種のもの」に文言の改正。

(3)条例第16条中の「日本工業規格」から「日本産業規格」に文言の改正。                                        ※(3)については令和元年7月1日施行。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

予防課 審査係
〒252-0011  座間市相武台一丁目48番1号
電話番号:046(256)2213
FAX番号:046(256)3225

ページの先頭へ