このページの本文へ移動

姉妹都市スマーナ市の市長らが市を訪問

2019年5月17日登録

 

スマーナ市訪問団

ウエルカムレセプション後の記念撮影

 市の国際姉妹都市・米国テネシー州スマーナ市のリード市長らが5月7日~13日の期間に来日し、市役所などを訪問しました。今回の訪問は、昨年、スマーナ市の生徒たちが来日し、市の「国際親善大使」がスマーナ市の生徒を受け入れ、さまざまな体験を通じ交流したことから、その軌跡をたどり成果などを確認するために行われました。
 スマーナ市の市長が市を訪ねるのは、平成3年の国際姉妹都市提携調印式以来のことです。
 5月10日には市と市スマーナ交流委員会(木村功委員長)がスマーナ市訪問団の訪問を歓迎して、市庁舎にてウエルカムレセプションを開催しました。また、来日中にスマーナ市訪問団は市立小学校での授業体験や市消防庁舎を見学した他、キャンプ座間・市内事業所などを訪問しました。

 ウエルカムレセプションで市長は「リード市長をはじめ、スマーナからはるばる来られた皆さま、ありがとうございます。13万人の市民を代表して、これまで28年間にわたる市とスマーナ市との交流に対して、深甚なる感謝を申し上げます」とスマーナ市長らの来日を歓迎し、スマーナ市長は「私たちを迎えてくださってありがとうございます。これから多くの方々にお会いして、生涯続くような友情を築き、素晴らしい思い出を作れることを楽しみにしています」と感謝の意を伝えました。
 レセプションの最後に行った記念品の交換で、市は市の花ヒマワリをモチーフにしたレリーフと新元号「令和」が天高く舞う大凧祭りの写真を贈呈し、スマーナ市から時計の寄贈を受けました。これは、昭和63年に市長が市国際姉妹都市推進協議会の一員としてスマーナ市を訪問した際に、現在のスマーナ市長の祖父からスマーナ時計の寄贈を受けたことにちなんだものです。当時寄贈を受けたスマーナ時計は両市の友好の証として市庁舎1階に設置してあり、ウエルカムレセプション後にスマーナ市長らが見学しました。
 

 1  2
歓迎を受けるスマーナ市訪問団 市長の歓迎のことば

 

 3  4
スマーナ市長挨拶 記念品の交換

 

 5 6 
記念品の交換 市議会議場視察

 

 7  8
市長室見学 市庁舎1階のスマーナ時計

 

問い合わせ先 渉外課 TEL 046(252)8035

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ