このページの本文へ移動

定例記者会見(平成31年4月22日)

2019年4月22日登録

姉妹都市中・高校生交流事業 国際親善大使の募集~市と世界の懸け橋に~
 「令和」初日の婚姻届、出生届に記念証を贈呈
第38回座間市緑化祭り
端午の節句の風物詩「大凧まつり」を開催~「令和」新たな時代の幕開けを祝う座間の伝統行事~
5月29日は市民全員で運動を~今年も挑戦します「チャレンジデー」~
専門弁護士と連携した生活困窮者支援


姉妹都市中・高校生交流事業
 
国際親善大使の募集~市と世界の懸け橋に~

 市では、青少年に国際的な感覚を養ってもらおうと、姉妹都市である米国スマーナ市との交流事業などを実施しており、5月10日(金)まで、市内の小学6年生~高校2年生を対象として、「座間市国際親善大使」を募集しています。
 3年が任期となる同大使は、1年間の研修の後、スマーナ市でのホームステイおよびスマーナ市の生徒の受け入れなどを通じて、両市のPRを行います。市が同大使を募集するのは、今回が2度目となります。

""
平成29年にスマーナ市へ派遣した同大使

◆国際親善大使(第2期)の募集

対象 市内に在住する小学6年生~高校2年生
定員 20人程度
申込方法 市役所3階渉外課などで配布する申込書(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を明記し、5月10日(金)までに直接担当へ

問い合わせ先 渉外課 TEL046(252)8035

▲このページのトップへ

「令和」初日の婚姻届、出生届に記念証を贈呈

 市では、令和初日の5月1日に婚姻届か出生届を提出した方に、記念証を贈呈します。
 この記念証は、市のマスコットキャラクター「ざまりん」を入れたオリジナルの記念証で、新元号「令和」の始まりに合わせ、初日に届出した記念として作成したものです。
 また、当日は3種類ある婚姻届用のオリジナルフレームを使用し、戸籍住民課前の市民ホールで、写真撮影も行うことができます。
 職員が撮影のお手伝いをしますので、ぜひ、利用していただきたいと考えています。

○とき 5月1日(水)午前8時30分~午後5時15分
○ところ 戸籍住民課
 ※当日は閉庁のため、夜間休日受付で戸籍住民課を案内し、職員が届け出の受け付けを行います。

婚姻記念証画像 出生記念証画像
オリジナルフレーム画像

問い合わせ先 戸籍住民課 TEL046(252)8084

▲このページのトップへ

第38回座間市緑化祭り  

 「第38回座間市緑化祭り」を、かにが沢公園で開催します。
 平成最後となりますこの祭りは、第四次座間市総合計画の「市民との協働によるまちづくり」を目指して、市民や団体で組織した「座間市緑化祭り実行委員会」の主催で開催しています。
 当日は、開会式後、天皇陛下御在位30年を記念として、「梅」を植樹します。
 その後、座間市立西中学校吹奏楽部の演奏、一輪車によるパレード・座間市少女マーチングバンドから座間市マスコットキャラクターざまりんとのコラボ「スペシャルダンスショー」などのアトラクションや、緑の相談コーナー、生け花の体験、花木の展示販売など、毎年行われる催し物の他、新規のイベントとしてネイチャーゲームも行い、緑化祭りを盛り上げていきたいと考えています。
 昨年も約2万5千人の多くの市民が来場されました。平成最後のイベントとして、多くの方に楽しんで頂き、緑への関心を高めてもらうイベントを開催します。

○とき 4月29日(月)午前9時30分~午後2時30分
○ところ かにが沢公園

 第38回緑化祭り記念植樹 「梅」

問い合せ先 緑化祭り実行委員会事務局(公園緑政課内)TEL046(252)7221 

""

 平成最後の「第38回座間市緑化祭り」を、今年も4月29日(月)「昭和の日」に午前9時30分から午後2時30分まで、かにが沢公園で開催します。
 「多様な緑を感じて暮らし続けるまち 座間」をテーマに、市民の皆さんが花や緑への関心を高め、市民の皆さんと協働で「緑あふれる明るくすみよいまちづくり」を推進させることを目的として、緑化祭り実行委員会が主催します。
 当日は、緑の相談室の開催、生け花の体験、植木市・ポット苗販売や各種模擬店コーナーの他、「スペシャルダンスショーwithざまりん」も予定しています。他のアトラクションと合わせてお楽しみください。
 爽やかな新緑の季節に「かにが沢公園」へお出かけになり、ご家族そろって花や緑とふれあい、春の楽しい一日をお過ごしになりませんか。
 会場へお越しの際は、公共交通機関を利用するようお願いします。ざまりんの画像

(1)とき 4月29日(日)「昭和の日」午前9時30分~午後2時30分
(2)ところ かにが沢公園(座間市緑ケ丘四丁目1458番地)
(3)主催 座間市緑化祭り実行委員会 共催 座間市
(4)目的 緑あふれる明るく住みよいまちづくりを推進
(5)内容 下表の通り ※雨天決行

時間 メイン会場プログラム その他の催物 内容
9:30~10:00 開会式・ 植樹式 緑の相談コーナー 緑の相談
10:15~10:35 吹奏楽演奏 菊販売コーナー 菊の販売、菊手入れなどの相談
10:45~11:15 一輪車パレード・マーチングバンド演奏 さつき盆栽展示コーナー さつき盆栽展示、説明、販売
11:30~12:00 咲かせよう!!座間のひまわりキャンペーン 各種販売コーナー ポット苗・植木市・野菜市・ひまわり市
12:00~12:15 市からのお知らせ アレンジメント教室コーナー アレンジメント教室、ポットへの植付教室など
12:15~12:45 休憩 生け花体験コーナー 生け花の体験
12:45~13:45 スペシャルダンスショーwithざまりん 模擬店・バザーコーナー 弁当・うどん・飲み物などの販売、各種バザー
13:45~14:15 お笑いパフォーマンス 環境PRコーナー 環境関連の展示・啓発活動などPR
14:20~14:30 閉会    

※催物などにつきましては、都合により内容・時間の変更をする場合があります。

問い合わせ先 緑化祭り実行委員会事務局(公園緑政課内) TEL046(252)7221(直通)
交通機関 小田急小田原線 相武台前駅下車 南口 徒歩約10分

▲このページのトップへ

端午の節句の風物詩「大凧まつり」を開催
 ~「令和」新たな時代の幕開けを祝う座間の伝統行事~

令和画像 座間市大凧まつり実行委員会(実行委員長:近藤昭夫大凧保存会会長)では、今年も5月4日(土)・5日(日)の大凧まつりの開催に向けて、大凧の作成に取り組んでいます。
 2月初旬から、座間市大凧保存会を中心に大凧の製作に取りかかり、4月14日には糸目付を20日には新元号「令和」の文字書きを完了させています。例年の凧文字は、公募して決定していましたが、新たな時代の幕開けを祝い、新天皇の即位に併せて新元号としました。また、記念凧として「座間」の文字を書き入れた5.4メートル四方の3間凧の製作も行っています。大凧は、立てるとビル4階相当の13メートル四方、総重量1トンになります。
 昨年は5月5日の1回目のチャレンジで約70メートルの高さ、約2分間大空へ舞い上がりました。
 また、昨年度に続き、本年度も、座間市と友好交流都市締結をしている秋田県大仙市から寄贈された「昼花火」の打ち上げを行い、まつりに一層の華を添えます。
 大凧を、100人以上の引き手が力をあわせて、風を待ち、新元号を掲げた大凧が大空へ舞い上げるのは迫力満点です。ぜひ、取材にお越しください。

【座間市大凧まつり】※両日とも雨天開催、荒天中止
○とき 5月4日(土)・5日(日)午前10時~午後4時
※5月4日午前9時から開会式を開催。
○ところ 相模川グラウンド(座架依橋北)
※小田急線相武台前駅から約20分間隔で臨時バスを運行します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
連絡先 座間市大凧まつり実行委員会事務局(座間市環境経済部商工観光課内) 
      電話 046(252)7604(直通)
      当日緊急連絡先 090(3236)8261
      当日通常連絡先 046(255)1111

▲このページのトップへ

5月29日は市民全員で運動を
 ~今年も挑戦します「チャレンジデー」~

 市では、5月29日(水)に開催される、住民総参加型スポーツイベント「チャレンジデー」に今年も参戦します。今年の対戦自治体は福岡県大牟田市です。
 チャレンジデーは、笹川スポーツ財団をコーディネーターとして全国的に行われているイベントで、毎年5月の最終水曜日に人口規模がほぼ同じ自治体が、1対1で午前0時~午後9時の間に、15分間以上継続して運動やスポーツなどの身体活動(運動)を行った住民の「参加率(%)」を競い合い、敗れた場合は、対戦相手の自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚するというユニークなルールによって行われるものです。
 平成31年度は、全国の119自治体で開催されます(県内では伊勢原市、秦野市、大井町、寒川町、大磯町、松田町、真鶴町、山北町、湯河原町の全10市町が参加)。

◆チャレンジデー
○とき 5月29日(水)午前0時~午後9時
○ところ 市内全域
○対戦相手 福岡県大牟田市

  大牟田市 座間市
人口(H31.1.1現在) 115,281人 129,912人
面積 81.45平方キロメートル 17.57平方キロメートル
チャレンジデー参加 14回目 5回目
成績 7勝7敗※ 1勝3敗

※3自治体での対戦などがあったため、勝敗数と参加回数は一致していません。
 
○今後の関連行事
・県内参加市町による決起集会
  とき:5月8日(水)午前11時30分から
  ところ:県庁
  内容:知事より参加市町へのエール、参加市町から決意表明など
 ・対戦相手「大牟田市」とのエール交換(首長同士)
  とき:5月17日(金)午前9時から
  ところ:庁議室
  内容:テレビ電話を使ったエールの交換

○チャレンジデー当日のイベント
メイン会場(スカイアリーナ座間)イベント
 ・オープニングイベント 午前9時~9時30分 WE LOVE ZAMA! 健康体操他
 ・(午前中)ニュースポーツ教室・ラジオ体操教室・ヨーガ
 ・(午後)卓球教室・バドミントン体験・カローリング体験
 ・(夜間)荒尾将吾さんのランニング教室 午後7時~8時30分
       講師:荒尾 将吾さん(順天堂大学 短距離・障害ブロックコーチ)
           男子100m  日本選手権3位(2009年)
              〃    自己最高記録 10秒22
      対象:小学生以上の座間市在住・在勤・在学者
      定員:100人(5月7日~20日までにスポーツ課へ電話申込)

○イオンモール座間
 ・SC相模原イベント 午後3時~3時30分
○その他イベント
 ・NPO法人神奈川県歩け歩け協会ウォーキング
 ・ポールウォーキング、ノルディックウォーキング体験会
 ・グラウンドゴルフ体験
○その他
 ・チャレンジデー座間2019のツイッター配信が始まっています。
 ・市内スーパーに回収ボックスを配置します。
 ・「#ざまチャレ」をつけてツイッターで投稿しても、参加報告できます。

問い合わせ先 スポーツ課 TEL046(252)8177

 ▲このページのトップへ

専門弁護士と連携した生活困窮者支援
 
 市では、生活困窮者などの相談業務を円滑にするため、4月1日から、神奈川県弁護士会と連携し、相談者・相談支援員が抱えた法律問題に助言を行う、専門の弁護士「座間市生活困窮者自立支援事業助言弁護士」を設置します。
 神奈川県弁護士会は、生活困窮者の支援に専門的知見のある弁護士一人を推薦し、同弁護士は、毎月の会議への出席と市からの相談対応を行います。同弁護士の設置は、県内で初めての取り組みです。
 生活困窮者の相談では、多重債務や給与未払い、離婚、住宅ローンなど、さまざまな課題が複雑に関係し合っており、法的な解決が必要となる場合があります。法律に関わる問題は、弁護士の専門分野ですが、生活困窮者支援の現場では、生活に関わる問題と法律に関わる問題が入り混じっており、線引きが難しいことも少なくありません。
 これまでは、法律に関わる問題について、日本司法支援センター「法テラス」などに対応を依頼していましたが、担当弁護士が生活困窮者特有の問題に専門的な知見がない場合には、解決に時間がかかったり、生活再建に向けた支援とうまく連携できなかったりすることが課題となっていました。また、市の担当者が法律に関わりそうな場合に、対応に迷ったり、どこまで踏み込んでよいか躊躇したりすることもあります。
 同弁護士の設置により、生活困窮者支援の迅速な対応・解決と相談に関する法的トラブルのリスク回避を期待しています。

問い合わせ先 生活援護課 TEL046(252)8566

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ