このページの本文へ移動

飲用井戸を利用する皆さんへ

2021年7月2日更新

 飲用井戸は、設置者が自らの責任で衛生管理を行うことが必要です。
 井戸水の水質は、天候などにより変化することがありますので、定期的な水質検査や点検により、適正な維持管理を行ってください。

※PFOS・PFOAに関する注意喚起
 厚生労働省および環境省は、ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)およびペルフルオロオクタン酸(PFOA)について、次の通り目標値、指針値(暫定)を定めました。
 飲用井戸を利用される場合はPFOSなどについてもご注意ください。

厚生労働省(令和2年4月1日)
 水質管理目標設定項目:PFOS・PFOA合算で0.00005mg/l「目標値」

 水質管理目標設定項目とは、将来にわたり水道水の安全性の確保等に万全を期する見地から、水道事業者などにおいて水質基準に係る検査に準じて、体系的・組織的な監視によりその検出状況を把握し、水道水質管理上留意すべき項目
環境省(令和2年5月28日)
 要監視項目:PFOS・PFOA合算で0.00005mg/l「指針値(暫定)」
 要監視項目とは、人の健康の保護に関連する物質ではあるが、公共用水域などにおける検出状況などから見て、直ちに環境基準とはせず、引き続き知見の集積に努めるべき項目

【注意喚起】
 令和3年5月に神奈川県による有機フッ素化合物の井戸水調査を行ったところ、緑ケ丘地域の井戸水から、暫定目標値を超過する数値が確認されました。
 緑ケ丘地域にお住まいやお勤めの方は、井戸水の飲用を控えてください

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

環境政策課 環境保全係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8214
FAX番号:046(257)7743

ページの先頭へ