このページの本文へ移動

定例記者会見(平成30年11月26日)

2018年11月26日登録

平成30年第4回定例会 議案の概要
在日米陸軍軍楽隊クリスマスコンサート「An American Christmas」を開催

今年もやります シェイクアウト(いっせい防災行動訓練)~11月1日から参加登録を受付中
サッカー選手に学ぶ介護予防教室~サッカーのノウハウを介護分野へ
包括的な相談支援「つなぐシート」を試行実施
「人と地域を“つなぐ”居住支援」研修会
「表現して伝える」アサーション講演会
下水道使用料を改定 


平成30年第4回定例会 議案の概要

 平成30年座間市議会第4回定例会について、詳しくはこのページの下部の「ダウンロード」を参照してください。

在日米陸軍軍楽隊クリスマスコンサート「An American Christmas」を開催

 キャンプ座間に駐留する在日米陸軍軍楽隊と座間市によるクリスマスコンサートを「An American Christmas」(伝統的なアメリカのクリスマス)をテーマに開催します。
 このコンサートは、在日米陸軍軍楽隊がキャンプ座間に勤務する従業員の慰労と市民交流を目的として開催するもので、今年で6回目の開催となります。昨年は、2日間で定員の約3倍の応募があり、このコンサートが広く市内外の方に広まっていることがうかがえるものでした。
 在日米陸軍軍楽隊は、約40人が所属しており、日米親善のために日本全国で演奏活動を行っています。市内においても、「座間市大凧まつり」「座間市民ふるさとまつり」などで演奏し、会場を盛り上げています。
 コンサートは、市と在日米陸軍軍楽隊が主催し、座間市国際交流協会と公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団の共催による他、今夏に姉妹都市スマーナ市からの生徒を受入れた国際親善大使もボランティア活動として運営を手伝うなど、多くの方の協力により開催されます。
 コンサートでは、「Winter Wonderland」や「そりすべり」などのクリスマスソングを中心に演奏が行われる他、たくさんのパフォーマンスやサプライズ演出を予定しています。

◆コンサート概要
○とき 12月14日(金)・15日(土)午後7時開演(午後6時開場)
○ところ ハーモニーホール座間(市民文化会館)大ホール
○定員 880席程度
○演奏曲 「Winter Wonderland」「そりすべり」など
○その他 応募期間は、10月15日~31日で終了しました。
     2日間で4,512人の方から応募がありました。

問い合わせ先 渉外課 TEL046(252)8035

今年もやります シェイクアウト(いっせい防災行動訓練)
~11月1日から参加登録を受付中~

 市では、カリフォルニア生まれの防災行動訓練「シェイクアウト」を今年も実施します。これは、座間市に震度6強の地震が発生したという想定により、1分間、今居るその場で安全行動を行う訓練で、特別な準備や練習の必要がない手軽な訓練として幅広い世代、多種多様な業種の皆さんが参加しており、今回で7回目の実施となります。
 昨年度は、座間市の昼間人口の5割を上回る52,804人が参加登録しました。

訓練名称 座間市いっせい防災行動訓練(シェイクアウト プラス1 2019 in ZAMA)
開催日時 平成31年1月23日(水)午前11時
代替期間 平成31年1月4日(金)~31日(木)
訓練場所 参加者各人が訓練日時に居る場所
登録期間 11月1日(木)~平成31年1月22日(火)

問い合わせ先 危機管理課 TEL046(252)7395

サッカー選手に学ぶ介護予防教室
~サッカーのノウハウを介護分野へ~

 
 市と株式会社スポーツクラブ相模原(SC相模原)では、お互いの持つ知識や技能を持ち寄って、12月6日(木)にサニープレイス座間(総合福祉センター)で介護予防教室「サッカー選手に学ぶ『無理なく楽しい足腰の鍛え方』」を開催します。
 SC相模原はJ3リーグで活躍するサッカークラブで、市は同クラブのホームタウンです。
 高齢になったときに、介護を必要とせずに生活するには、足腰が健康であることが重要であるといわれています。同教室は、SC相模原が普段のトレーニングの中で介護予防に効果的と思われる動きを紹介し、市が介護予防の視点を紹介するなど、お互いに意見を出し合って作り上げました。
 当日は、SC相模原スクールコーチの冨田裕一郎さんが講師となって同教室を進行する他、SC相模原の選手が参加者の中に入って教室をサポートします。

◆サッカー選手に学ぶ「無理なく楽しい足腰の鍛え方」
○とき 12月6日(木)午後2時~3時30分
○ところ サニープレイス座間

問い合わせ先 介護保険課 TEL046(252)7084

 ▲このページのトップへ

包括的な相談支援「つなぐシート」を試行実施

 市では、複数の窓口にまたがる市民の相談に対応するための取り組みとして、「つなぐシート」を試行実施しています。
 市には暮らしを支えるさまざまなサービスがありますが、複合的な困りごとを抱えている方は、自分の相談したい内容を整理して、適した窓口を訪れることが困難な場合があり、また、自分では気づくことができない課題を抱えている可能性もあります。
 「つなぐシート」は、こういった事態に対応するため、東京都足立区の同様の取り組みを参考に導入したもので、神奈川県内では初の実施となります。
 「つなぐシート」とは、庁内の複数の窓口への相談が必要と思われる市民の方に対し、最初に受け付けた職員が自身の業務内容に関わらず全体的な状況を聞き取り、その職員が次の窓口へ同行し、その概要を記録するものです。誤った案内や「たらい回し」といった事態を防ぎ、同様の話を繰り返す市民負担をなくすことを目的としており、市としての包括的な対応を円滑に行うことが可能となります。
 なお、試行実施後は、特段の支障が見受けられなければ、間を空けず本格実施へ移行する予定です。

◆「つなぐシート」
○試行実施期間 9月3日(月)~平成31年2月28日(木)

問い合わせ先 生活援護課 TEL046(252)8566

「人と地域を“つなぐ”居住支援」研修会

 市では、神奈川県居住支援協議会と共催で「人と地域を“つなぐ”居住支援」と題した研修会を開催します。この研修会は、不動産関係者、地域の福祉関係者、自治体職員の3者を主な対象として、居住支援に関する連携体制を構築する第一歩とすることを目的に開催するものです。市町村がこのような催しを神奈川県居住支援協議会と開催するのは初めてのことです。
 生活困窮者の支援において、住まいの確保は喫緊の課題となることが多く、不動産関係者も家賃滞納や緊急連絡先の確保などで問題を抱える場合が少なくありません。居住支援においては、地域の関係者の連携体制の構築と、それに基づく早期介入が求められています。
 本研修会を、普段は一堂に会する機会の少ない各業界の関係者に呼び掛け、今後の居住支援について考えていく機会とします。

◆「人と地域を“つなぐ”居住支援」研修会
○とき 12月14日(金)午後1時30分~5時
○ところ サニープレイス座間(総合福祉センター)多目的室A・B
○定員 100人
○参加費 無料
○申込方法 電話またはファクスで以下の申し込み先へ
【公益社団法人かながわ住まいまちづくり協会】
電話045(664)6896 FAX045(664)9359

問い合わせ先 生活援護課 TEL046(252)8566

▲このページのトップへ

「表現して伝える」アサーション講演会

 市では、自分も相手も大切にする自己表現という意味を持つアサーションを通して「親子のコミュニケーションを考える」をテーマに、アサーショントレーニングの第一人者である平木典子さんを講師に招き、講演会を開催します。
 同講演会では、生活の中にアサーションを取り入れ、家族コミュニケーションの大切さや、安定した人間関係の築き方などについて専門家の話を聞きくことで、親子の距離感や、思春期・青年期の問題に悩む方々の支援につながることを期待しています。

◆親子のコミュニケーションを考える
~アサーション(自分も相手も大切にする自己表現)を通して~
○とき 12月15日(土)午後2時~4時
○ところ サニープレイス座間(総合福祉センター)3階多目的室
○定員 100人(申込順)
○参加費 無料
○申込方法 12月13日(木)までに電話、ファクスまたは直接担当へ

問い合わせ先 青少年相談室 TEL046(256)0907


下水道使用料を改定

 上下水道局では、公共下水道事業の財政健全化を目指すため、座間市公営企業運営審議会での検討を経て、平成30年座間市議会第3回定例会で可決された「座間市下水道条例の一部を改正する条例」に基づき、平成31年4月1日から下水道使用料を改定します。

【改定に至る経緯】
(1) 家庭や事業所などから排出された汚水処理に係る経費は、本来、全て下水道使用料から賄うこととされています。しかし、現在、公共下水道事業会計において、下水道使用料のみでは汚水処理に係る経費を賄い切れず、資金不足を市の一般会計から補っている状況です。
(2) 今後、人口減少社会が到来することで、使用者の減少が見込まれる他、節水機器の普及などにより、節水型社会が定着しており、今後も厳しい経営状況が予測されます。
(3) 公共下水道事業は平成28年4月1日に地方公営企業として、市から独立した組織になり、会計も企業会計を導入しています。今後5年間の財政状況を検証した結果、引き続き汚水処理に係る経費の資金不足が明らかとなりました。

【改定の内容】
 基本使用料を税抜きで815円から895円に引き上げ、平均改定率を9.81パーセントとする改定を実施します。

下水道使用料単価表はこちらをご覧ください。

下水道使用料早見表はこちらをご覧ください。

問い合わせ先 経営総務課 TEL046(252)8541

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ