このページの本文へ移動

市内事業所が小型無人航空機(ドローン)を寄贈

2018年7月6日登録

ドローンの寄贈式 

 市では、6月29日に株式会社ファーストKカオカオ事業部(代表:臼井宏樹さん)から、市の防災・減災に役立ててほしいと、小型無人航空機(ドローン)の寄贈を受けました。
 寄贈式で、同事業部代表の臼井さんは「東日本大震災からさまざまなチャリティーイベントを行ってきました。その収益金の一部で市のために何かできないかと思い、寄贈をしようと考えました。有事の際にはぜひ利用して、役立ててほしいと思います」と話し、市長は「ドローンはさまざまな場所の状況を即時に見ることができるもので、このような寄贈をありがたく思います。万が一の時のために役立てたい」と話しました。 
 市では、寄贈を受けたドローンを消防本部に配備し、災害時の実態把握や情報収集などに活用していきます。

寄贈されたドローン

寄贈されたドローン

 

問い合わせ先 消防総務課 TEL046(252)2412  

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ