このページの本文へ移動

ごみ収集車無事故運転継続1,500日

2018年2月22日登録

無事故運転1,500日目の業務を終え洗車する職員(画像)
無事故運転1,500日目の業務を終え洗車する職員

 市のごみ収集業務による無事故運転継続記録(対人・対車事故)が、2月14日に1,500日に到達しました。平成26年1月7日から始まった無事故運転の継続は、4年を超える記録です。
 市で稼働する26台の収集車は、市内で収集した後に、海老名市にある高座清掃施設組合へ搬入しており、1日3往復、1台あたり約100キロメートルを走行しています。
 収集業務を行うクリーンセンターの職員は、車両の点検や安全運転の徹底だけでなく、運行業務をごみの分別・減量化の機会と捉え、職員自らのアイデアで、収集車にまちの美化などをイメージしたラッピングを施しています。市マスコットキャラクター「ざまりん」などを配したかわいらしいデザインは、子どもたちに人気があり、手を振ったり、声を掛けたりされることが職員の意識向上にもつながっています。

問い合わせ先 クリーンセンター TEL046(252)8724 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ