このページの本文へ移動

定例記者会見(平成30年2月19日)

2018年2月19日登録

平成30年度当初予算案の概要
平成30年第1回定例会の概要
市のごみ収集車 無事故運転継続1,500日
ごみ分別アプリ「さんあ~る」~外国人向けに英語版を公開~
「座間記念車庫」の公式ロゴデザインに「ざまりん」~日産自動車(株)座間事業所と相互にPR~
第18回ざま子育てフェスティバル「みんなの子育て応援してるよ」を開催
現代美術展5周年企画「思い出ばなし/アルバムをめくれば展」を開催


 平成30年度当初予算案の概要
 
 平成30年度当初予算案について、詳しくはこのページ下部の「ダウンロード」を参照してください。

平成30年第1回定例会の概要

 
平成30年座間市議会第1回定例会議案について、詳しくはこのページ下部の「ダウンロード」を参照してください。  

市のごみ収集車 無事故運転継続1,500日

 市のごみ収集業務による無事故運転継続記録(対人・対車事故)が、2月14日に1,500日に到達しました。この無事故運転の継続は、平成26年1月7日から始まったもので、4年を超える記録です。市で稼働する26台の収集車は、市内でごみを収集した後に、海老名市内にある高座清掃施設組合へ搬入しており、同業務を1日3往復、1台あたり約100キロメートル走行しています。収集業務を行うクリーンセンターの職員は、無事故運転を継続するために、車両の点検、安全運転の励行を徹底してきました。
 同センターの職員は、収集を行う運行業務をごみの減量化や分別啓発の機会と捉え、職員自らのアイデアで、収集車にまちの美化などをイメージしたラッピングを施しています。市マスコットキャラクター「ざまりん」などを配したかわいらしいデザインは、子どもたちに人気があり、手を振ったり、声を掛けたりされることが職員の収集業務の意識向上につながっています。
 無事故運転の継続は、きれいで安全なまちをつくりたいと職員一丸になって取り組んできた結果です。
 1,500日は通過点であり、これからもまちの美化と安全運転に努めていきます。


""
無事故運転1,500日目の業務を終え洗車する職員


問い合わせ先 クリーンセンター 046(252)8724

ごみ分別アプリ「さんあ~る」~外国人向けに英語版を公開~

 市では、ごみや資源物の分別などを分かりやすく伝えることで、ごみの資源化・減量化を進めようと、平成28年6月15日から、スマートフォン用アプリケーション「さんあ~る」を公開しています。
 本日、平成30年2月19日から、同アプリの英語版を公開しました。
 これまで紙媒体を用いていた外国人向けの情報提供を、スマートフォン用アプリケーションを活用して、よりわかりやすく、より手軽に、ごみ出しルールの周知等を行い、本市にお住まいの外国の方にも、資源化や減量化への協力をお願いするものです。日本アプリ(画像)が誇るごみの分別文化を、ぜひ外国の方にも体感していただきたいと考えています。

【ごみ分別アプリ「さんあ~る」(英語表記「threeR」)】
 Android(アンドロイド)およびiOS(アイオーエス)に対応したスマートフォンにインストールすることで、設定地域のごみ出し日程を確認できる「分別収集カレンダー」、当日のごみ出し内容を通知する「ごみ出し日通知」、品目ごとに分別方法を表示する「ごみ・資源物分別ガイド」、頻度の多い問い合わせと回答が確認できる「よくある質問」の利用ができます。また、通知機能を利用して大雪や台風時などの際の対応など、市から利用者へリアルタイムな情報発信をしています。
○利用方法 「Google Play」または「App Store」で「さんあーる」または「threeR」と検索し、アプリケーションをダウンロード・インストール後に画面の指示に従って登録

※利用料は無料ですが、通信料は利用者負担になります。

問い合わせ先 資源対策課 046(252)7659

 ▲このページのトップへ

「座間記念車庫」の公式ロゴデザインに「ざまりん」~日産自動車(株)座間事業所と相互にPR~

 市のマスコットキャラクター「ざまりん」が、日産自動車(株)座間事業所内の日産ヘリテージコレざまりん(画像)クション (通称:座間記念車庫)のロゴデザインに使われることになりました。
 同社の敷地内には、日産自動車が長きにわたり生み出してきた名車の数々、約300台を展示している座間記念車庫があります。この記念車庫には全国の方が来場し、平成28年度の年間来場者数は1万2,000人を突破しています。
 日産自動車(株)座間事業所では、市のマスコットキャラクター「ざまりん」を活用した記念車庫のロゴを作成し、同車庫のパンフレットやチラシ、車庫内の掲示物などに、このロゴデザインを用いて、日産記念車庫のPRを図っていきます。
 市では、「ざまりん」をいいつなぎ役とし、これを機に市のPRなどで日産自動車(株)座間事業所と相互に連携していきたいと考えています。

問い合わせ先 商工観光課 046(252)7604

【日産ヘリテージコレクション概要】
名車(画像) 1930年代の生産車から歴代のレースカーまで、皆さまに愛された名車たちの他、モータースポーツで優秀な成績を収めた車両や、東京オリンピックで聖火を運んだ車両、世界初・日本初の技術や話題性の高いモデルなどを保管しています。
◆展示スペース 約5,600平方メートル
◆展示台数 300台(所蔵は400台)
◆観覧方法 WEB予約のみ。カレンダーの見学可能日を確認し、ホームページから申し込み
◆備考 一般来場者の事業所内の撮影禁止。ゲストホール内と車両展示エリアのみ撮影可能

日産自動車座間事業所座間統括課 046(252)3211 

第18回ざま子育てフェスティバル「みんなの子育て応援してるよ」を開催

 市では、子育てをしている皆さんを見守り、応援している市民団体・座間市子育て支援ネットワークが企画、運営する、第18回ざま子育てフェスティバル「みんなの子育て応援してるよ」を3月6日(火)に開催します。
 会場では、子どもと一緒に遊ぶコーナー、子育て情報コーナーなど催し物が盛りだくさんです。工作コーナーでは、「紙袋に足型押し」を行います。また、今年度は新たに「似顔絵講座」が加わりました。
 このフェスティバルをきっかけに、子育て中の皆さんが支援者とつながり、学び、楽しんでもらえれば幸いです。子育てを応援する方の参加も大歓迎です。

【第18回ざま子育てフェスティバル「みんなの子育て応援してるよ」】
○とき 3月6日(火)午前10時~午後3時
○ところ ハーモニーホール座間(市民文化会館)小ホール、会議室他市役所ふれあい広場
○内容 アンパンマン体操(オープニング)、防災イベント(「地震だ!どうする?」)、情報コーナー、赤ちゃんコーナー(出張子育て支援センター)、お話し会、出張おもちゃ病院、遊びコーナー(新聞プール・工作(紙袋に足型押し)・段ボール電車・サイコロ・大型積み木・わらべ歌・写真コーナー・わくわくエコあそびなど)、ざまりんパッカー車の試乗、子育て防災ブースなど
○講座 「ベビーサイン(事前申込制)」午前10時30分~11時30分、午後1時~2時
「似顔絵講座(事前申込制)」午前10時30分~11時30分、午後1時~2時
「赤ちゃん体操」午前10時15分~正午(1回20分交代制)
○入場 自由

※座間市子育て支援ネットワークとは、市内で子育て支援に関する活動をしている団体が集まったもので、13団体が参加しています。

問い合わせ先 生涯学習課 TEL046(252)8472

代美術展5周年企画「思い出ばなし/アルバムをめくれば展」を開催

 市教育委員会では、昨年の秋で5回目を迎えた現代美術展の記念企画として、第1回の出品者である加藤千晶さん、坂内直美さんのご協力のもと、現代美術展5周年企画「思い出ばなし/アルバムをめくれば展」を開催します。
 今回は女子美術大学大学院生時の出品から4年が経過しているため、各作家の作風の変化なども見どころですが、何よりも今回出品される作品一つ一つを純粋にご堪能いただきたいと考えています。
 二人は、「過去に撮影した写真を媒体にして、慌ただしく過ぎてしまう日常の価値を展示により再確認させる展示にしたい。また、作品を鑑賞する中で、どの年齢層に対しても自己との対話や発見を促す展示にしたい」と話しています。
 作品は、絵画とテキスタイルによる展示となります。作品の中には7月より行われている美術鑑賞講座の受講生の思い出の写真とその写真のエピソードをもとに制作された作品も出品されます。

【思い出ばなし/アルバムをめくれば展】
○とき 2月21日(水)~28日(水)午前9時30分~午後5時(最終日は午後4時まで)
○ところ ハーモニーホール座間(市民文化会館)ギャラリー
○入場 無料

問い合わせ先 生涯学習課 TEL046(252)8472

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ