このページの本文へ移動

医療費控除の明細書

2021年9月28日登録

 平成30年度(29年分)の申告から、領収書の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。

・令和3年度(令和2年分)から医療費控除の領収書の領収書の添付による申告ができなくなります。
※平成29年分から平成31年分までの申告については、医療費の領収書の添付または提示によることもできます。
・確定申告で使用する様式と同様です。個人住民税の申告にも準用してください。
・医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。
・申告に用いることができる医療費通知には、被保険者などが支払った医療費の額などが記載されている必要があります。加入している健康保険組合などの医療費通知が申告対応しているかは、加入の健康保険組合などにお問い合わせください。

医療費の明細書は、国税庁ホームページからダウンロードできます。

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-iryouhikoujo.htm

 また、セルフメディケーション税制による医療費控除と通常の医療費控除は選択となるため、どちらか一方しか適用されません。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民税課 市民税係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8833
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ