このページの本文へ移動

社会資本総合整備計画

2019年2月22日更新

概要

 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。
 社会資本整備総合交付金交付要綱では、社会資本整備総合交付金を充てて交付事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成する事と定められています。
 

目的

 市民の日常生活の拠点となる小田急小田原線小田急相模原駅周辺において、第四次座間市総合計画の実施計画事業に基づき、土地利用の促進や、都市型住宅の供給、公共公益施設、生活利便施設の集積による都市機能の拡充を図り、災害に強く、子育て世代や高齢者など、多様な市民が暮らしやすい市街地の形成を進めます。
 

 社会資本総合整備計画

計画名称 実施時期
安全で安心して暮らせるまちづくり 平成24年度~平成28年度
市街地開発事業による小田急相模原駅周辺のまちづくり 平成29年度~平成33年度

※内容は下記ダウンロードから ご覧ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画課 市街地整備係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7325
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ