このページの本文へ移動

年頭記者会見(平成29年1月6日)

2017年1月10日登録

市長あいさつ(要旨)

 皆さま、明けましておめでとうございます。1月6日ということで、仕事始めも終え、スタートを切っております。座間市にとりましては、特に昨年は明るい話題が多かった年でありまして、キャンプ座間5.4ヘクタールの返還、加えて4月1日の座間総合病院の開院といったニュースから始まり、前向きなイメージを作る年だったと思います。県が発表した平成28年の10大ニュースの9番目に「基地の返還と病院の開院」が入っておりまして、津久井やまゆり園の事件など暗いニュースが多かった中で明るいニュースを提供できたことを非常にうれしく思います。

 また、昨年末は、座間が生んだヒーローである井上ファミリーの井上尚弥選手がプロボクシング世界タイトルマッチで防衛を果たし、今年は、渡米してローマン・ゴンザレス選手との対戦が実現するのではないかと期待しているところであり、市のイメージアップ、シティセールス、シティプロモーションの取り組みに追い風を吹かせていただいていると思っています。併せて弟の拓真選手、いとこの浩樹選手の更なる大活躍を祈っているところです。

 この3月末に、30年近くに渡り工事を進めていた芹沢公園の工事が完成します。ほぼ園内の工事は終わっており、現在管理棟と周辺の工事が残っていますが、全面開園に向けラストスパートに入っているところです。特に第4工区の施工にあたっては、地域住民の皆さんや市民の皆さんの意見を取り入れながら整備を進めてきたところで、市民協働の取り組みの一つの実践例として受け止められるのではと思っております。
 
 また、市民協働の部分では、2月1日にコミュニティバスについて大幅な運行の見直しを行います。この運行見直しに関しても市民の代表の皆さんに検討委員会を組織していただき、7回にわたる検討を加えたなかで、最大公約数という形になろうかと思いますが、経路、便数、道路の制約がある中での一部車両の大型化、受益者負担の部分での利用料金の見直しといった点において議論をし、協働で努力していただいた経過がございます。これからも市民の皆さまの意見を背景にしながら適時・的確・柔軟に対応していくことを心掛けていきたいと考えております。
 
 小田急線座間駅前のホシノタニ団地のプロジェクトについては、昨年、経済産業大臣賞であるグッドデザイン金賞に輝き、公民連携の中で大きな費用をかけない時代のニーズにマッチした対応をしたことは、一つのモデルになるのではないかと思いますし、シティプロモーションの大きな成果であったと思います。
 
 昨年暮れには、小田急相模原駅に隣接する小田急相模原駅西口の市街地再開発事業の高層建築物の工事が始まり、2年かかりますがスタートすることができました。また、都市計画道路である相模原二ツ塚線の小田急相模原駅近くから東海大学付属相模高等学校の南側交差点までの区間の整備が年度内に完了すると県から報告いただいております。これは、地域住民の皆さまにとっては、大きな希望であったことで、これにより既に完成している「相模が丘仲よし小道」と同様にイメージアップにつながると期待しています。
 
 安全・安心の関係については、1月23日に5回目となる「座間市いっせい防災行動訓練シェイクアウト2017 in ZAMA」を実施します。昨年は土曜日だったので、従来とは違う取り組みをしましたが、今回は4回の経験をもとに新たなチャレンジをしていき、頻発している地震などへの備えを高めていきたいと思います
 
 新消防庁舎の建設は順調に進んでおり、年末までに新庁舎への移転を済ませたいと思っており、危機管理対応能力の向上につなげていきたいと考えております。

 以上、記者会見の冒頭に当たりまして私のあいさつとさせていただきます。
 

情報提供事項

〇座間市いっせい防災行動訓練
シェイクアウトプラス1 2017 in ZAMAを実施


 市では、カリフォルニア生まれの防災行動訓練「シェイクアウト」を今年も実施します。これは、座間市に震度6強の地震が発生したという想定により、1分間、今居るその場で安全行動を行う訓練で、特別な準備や練習の必要がない手軽な訓練として幅広い世代、多種多様な業種の皆さんに参加していただいており、5回目の実施となる今回は、市の昼間人口の約半分となる5万人の参加を目指します。
 また、今回は、シェイクアウト訓練の様子を撮影した写真のコンテストを開催します。大賞には、市内の店舗で使用できる「商品券3万円分」を贈呈する他、オリジナルグッズを用意しています。
より多くの方の参加をお待ちしています。

訓練名称 座間市いっせい防災行動訓練 シェイクアウト プラス1 2017 in ZAMA
開催日時 1月23日(月)午前11時※代替実施日1月4日(水)から31日(火)まで
訓練場所 参加者各人が訓練日時に居る場所                                    
実施実績 平成26年1月23日開催 43,176人     
       平成27年1月23日開催 52,753人
       平成28年1月23日開催 52,906人
特記事項 ○参加登録目標人数を市の昼間人口の50パーセント、5万人に設定
       ○より多くの皆さんに、楽しみながら参加していただくための企画として写真コンテストを行います。シェイクアウト訓練の様子を撮影し、市へ応募してください。
登録者数  22,224人(平成28年12月28日現在)
                                             
 シェイクアウトとは
 地震による人的被害の多くは家具等の倒壊、落下物による負傷です。これに対する安全行動として、(1)まず低く (2)頭を守り (3)動かない の手順に従い、身を守るのがシェイクアウト訓練です。2008年にロサンゼルスで提唱、実施され、2012年には世界中で1,950万人が参加し、国内でも多くの地域で実施されています。座間市では安全行動後のもう一つの行動としてプラスワンを実施しています。

問い合わせ先 危機管理課TEL046(252)7395
  

〇協働についての市民説明会を開催~協働しよう!キラリと光るそのアイデアで~

 市では、市民との協働を更に進めるために「協働についての市民説明会」を開催します。現在の市の状況や制度の説明に加え、認定特定非営利活動法人ぐらす・かわさき理事・事務局長の田代美香さんを講師として招き、協働のステップアップとして、ビジネスの手法を取り入れた活動事例について、基調講演していただく予定です。基調講演の後には、田代美香さんと市の協働の関係者とのパネルディスカッションを予定しています。
 協働や市民活動に関心を持っている方や既に携わっている方など、ぜひご参加ください。

○とき 1月21日(土) 午後2時~4時予定(午後1時30分開場)
○ところ サニープレイス座間(総合福祉センター)3階多目的室
○対象 どなたでも
○参加費 無料
○参加方法 当日直接会場へ
○協力 座間市民活動サポートセンター
※当日、車で来場する場合は、市役所第2・第3駐車場へ駐車してください。

問い合わせ先 市民協働課TEL046(252)7966 


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ