このページの本文へ移動

定例記者会見(平成28年8月1日)

2016年8月1日登録

平成28年第3回定例会の概要
座間市総合防災訓練を実施~初めて陸上自衛隊野外入浴セットを展示~
子どもたちに栄養バランスの良い食事を~市立中学校で給食(選択式)の全校実施へ~
女子美術大学大学院生による現代美術展「さだか な たまさか」を開催 


平成28年第3回定例会 議案の概要
 
 平成28年座間市議会第3回定例会議案について、詳しくはこのページ下部の「ダウンロード」を参照してください。

座間市総合防災訓練を実施~初めて陸上自衛隊野外入浴セットを展示~

 大地震などの大規模災害が発生した場合に備え、市、住民、ライフライン事業者、自衛隊、警察、消防機関などが連携を図り、迅速に活動ができるよう総合防災訓練を実施します。

 総合防災訓練に先立ち、「かながわシェイクアウト訓練」を実施し、いっとき避難場所などへの避難訓練、そこから広域避難場所である訓練会場への避難訓練を行い、実災害の流れを体験する地域密着体験型訓練とします。

 訓練内容は、実災害を想定した時系列の訓練となっており、避難誘導訓練、煙体験訓練、初期消火訓練、炊き出し訓練、人命救助訓練などを実施します。
 今回の訓練の特徴としては、終盤に実施する人命救助訓練で、初めて「キャンプ座間アメリカン赤十字」にご協力いただき、要救助者役としてボランティアの米国人が参加します。この方々は演技の教育を受けており、また、腕や足に負傷を示した特殊メイクを施し、態度や言動が実際に怪我をした人に見えることから、リアリティかつ緊張感のある訓練となります。
 会場内の体験・展示コーナーでは、初めて陸上自衛隊第1後方支援連隊にご協力いただき、災害派遣先の活動拠点などで実際に展開、運用されている野外入浴セットの展示を行います。他にも、座間警察署による災害活動用拠点車の展示、在日米陸軍医療本部による医療処置などの紹介もあります。
 また、毎年大好評である災害時用非常食アルファ米を使った自衛隊カレーの試食も実施します。

 【平成28年度座間市総合防災訓練】

○とき  8月27日(土)午前9時~
(かながわシェイクアウトは、午前8時)
○ところ  市立栗原小学校

 問い合わせ先 危機管理課 TEL046(252)7395

 ▲このページのトップへ

子どもたちに栄養バランスの良い食事を~市立中学校で給食(選択式)の全校実施へ~

 市では、平成21年7月に「座間市立中学校給食のあり方検討懇話会」を設置し、「親子の絆を深めることや個別に対応できるといった家庭弁当の効果を活かしつつ、学校給食との選択式を基本とすることが望ましい」との提言を受けました。
 
 その提言を受け、学校給食庁内検討委員会では、市内の中学校の全生徒・保護者・教職員と市内の小学校の5・6年生の児童、保護者に対してアンケート調査を実施し、その結果について、検討を重ね、平成27年9月から東中学校と栗原中学校の2校で試行実施をしてきました。試行後も、生徒や保護者に対して、アンケート調査を2回実施した結果、「家庭弁当で親子の絆を深めたい」という意見や「栄養バランスのとれた給食の提供を望む」「共働き等の家事負担の軽減が図られた」といった意見がありました。
 
 今回、学校給食庁内検討委員会では、これらの結果を踏まえ、早ければ平成29年二学期から、 市内中学校6校における給食(選択式)の本格実施に向け、準備を進めていきます。

 問い合わせ先 学校教育課 TEL046(252)8011
 

 女子美術大学大学院生による現代美術展「さだか な たまさか」を開催

  女子美術大学大学院生の協力のもと行っている現代美術展も今回で4回目となります。若い感性と柔軟な発想に基づいた最新作品の数々を展示しますので是非ご覧ください。

○とき 9月10日(土)~19日(月)午前9時30分~午後5時(最終日は午後4時まで)※12日は休館。(9日間開催)
○ところ ハーモニーホール座間1階ギャラリー

○出品者 太田晴子さん、土屋紀代美さん、吉田未空さん、若松はるかさんの4人でいずれも女子美術大学大学院修士課程1年生
○入場 自由
 関連イベントとして出品者による公開制作を9月10日(土)・11日(日)いずれも午前10時~午後5時にハーモニーホール座間常設展示室で行います。
 また、18日(日)午前11時、午後2時から出品者によるギャラリートークを会場内で行います。

 現代美術展とは平成25年度から女子美術大学大学院生に出品をお願いして開催している美術展です。座間市民の方々に「美術とは人物・風景・静物などの絵画以外にも世の中にはアートとしてある」ということを紹介したいという思いから始まりました。出品者の方々には来場者が予想だにしない、これまで見たこともないものをなるべく展示して頂くようにお願いしております。
 初年度は、端切れを編み棒で編み上げて巨大人型を作成し、平成26年度は家庭によくあるスポンジを塔のように積み上げた作品を発表していただきました。また、昨年度は初めて常設展示室を使って映像アートを紹介して頂きました。
 今回のテーマ「さだか な たまさか」とは、「意図した偶然」という意味で、自分から偶然を求める様子を指した言葉であります。出品者が日々取り組んでいる制作活動は、「美術の可能性に期待を持ち、何度も実験や失敗を繰り返すことで成り立っているもの」であり、今回は、その試行錯誤の過程をも会場で表現する貴重な展示となっています。特に10日・11日に行う公開制作は出品者4人による共同制作となり、彼女達の名前の一文字を取り「松田未紀」という架空の人物による作品を仕上げていくものです。出品者同士の美術という共通点の中にも追求するテーマの相違があり、それらをぶつけることにより、新たな作品を生み出す様子をご覧いただけると考えています。

 問い合わせ先 生涯学習課 TEL046(252)8476

 ▲このページのトップへ

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ