このページの本文へ移動

年頭記者会見(平成28年1月8日)

2016年1月8日登録

市長あいさつ(要旨)

  年末年始、非常に暖かい中で年の瀬を迎え、新春を迎えることができました。暖冬の影響で、インフルエンザの流行が懸念していた状況にはならず、私どもの休日急患センター運営にあたっても、昨年に比べて患者数が激減するという、うれしい話がございました。

 仕事始めを終えてからの1週間を振り返りますと、世の中では、さまざまなニュースが伝えられ、激動が予兆される年の初めになったのではないかと思われます。
 しかしながら、私ども座間市では、安心安全で住みやすいまちを目指して、一連の取り組みを粛々と進めていくのみにつきます。

 良い話としては、昨年の12月29日、私どものヒーローであるプロボクシングの井上兄弟といとこの浩樹選手の3人がそろって勝利を収め、素晴らしい余韻を残した平成27年を後にしながら平成28年を迎えております。

 市民の待望久しい、キャンプ座間返還予定地における座間総合病院の一連の事業も着実に進展しており、昨年の12月議会において年度内の返還を見越して、そのうちの賃借料についても予算を認めていただくなど、また、病院事業者からは、工期通りの工事の進捗が報告されるなど、4月1日の開院に向けてしっかりと着実に準備が整いつつあります。

 こうした一連の事業ですが、改めて、年末年始振り返って考えてみてみますと、平成27年度、国において唱えられた地方創生という考え方がありますが、付け焼刃ではなく、多年にわたり、官・民が連携をしっかりと取りつつ、経費を極小に、効果を極大にという考え方の中で進めた、この返還予定地に向けた事業などを地方創生の一つの大きなモデルではないかと思っております。
 
 また、同時に、昨年、賞を受けられた小田急電鉄の「ホシノタニ団地」の一連の事業は、昨年12月17日付けの「日経ビジネスプレミアム」において特集をインタビュー付きで掲載していただきましたが、これも、公民連携のありかたの一つとして発信できたのではないかと思います。

 こうした、私たちなりのユニーク・奇想天外な一連の事業展開をしっかりと市民の皆さんにお見せしながら、着実に、安心安全で住みやすいまちをシティプロモーションしていきたいと思っています。

 4月1日からは、総合計画の見直しに基づく、新たな組織改正を行いますし、一連の施策を受け止め、しっかりと取り組みを深める、そのような1年にしてまいりたいと思います。

 目下、予算編成の真っただ中でありますが、これまで継続してきました、一連の総合計画の実施計画事業を漏らさず行っているという、この大きな柱を中心に、着実、堅実的に市民のニーズ答える、そのような予算を計上させていただいて、対応を図ってまいりたいと思います。
 やはり、避けることのできない社会福祉、民生費の増加、一定の懸案であった社会基盤、都市基盤の整備についても、しっかりと予算を付けながら、対応を図っていく所存であります。

 1月23日には、「シェイクアウト プラス1 2016 in ZAMA」を実施します。土曜日の実施ということで、これまでとは全く様相を変えて、違った切り込みをしながら対応力の強化を図っていきたいと思います。

 以上、記者会見の冒頭に当たりましての私のあいさつとさせていただきます。
 

情報提供事項

〇シェイクアウトフルスケール訓練を初めて実施~市職員など600人以上が参加~

 市では、安全行動1・2・3にちなみ、毎年1月23日午前11時にシェイクアウトを実施しています。4回目を迎える今年のシェイクアウト訓練は、市役所、学校や企業の多くが休日となる土曜日の開催ですが、座間市役所では、例年行っているシェイクアウト訓練に加味するプラス1訓練をスケールアップし、80以上の訓練項目を設けたフルスケール訓練として実施します。

〇事業名称 座間市いっせい防災行動訓練 シェイクアウトプラス1 2016 in ZAMA フルスケール訓練   
〇とき   1月23日(土)午前9時~午後0時30分
〇ところ  座間市役所およびふれあい広場、相武台前駅、市内小・中学校など
〇参加者数 約600人(市職員および学校教職員、市民ボランティアなど)

【訓練の見どころ】
 シェイクアウトフルスケール訓練は、地震発生前に東海地震の警戒宣言が発令されたことを想定して訓練を開始します。警戒宣言を受けて、市は、職員の参集を午前9時に発令し、参集訓練がスタートします。
 参集してきた職員を参集順に業務を振り分け、災害警戒訓練を行っているところに地震が発生(午前11時)し、シェイクアウトを行います。地震後は災害に対応する訓練を開始します。
1 5万人以上が参加するシェイクアウト(午前11時)※振替実施も含みます。
  市の昼間人口の50パーセント以上が参加するシェイクアウト訓練
    当日は、市庁舎1階市民ホールで、シェイクアウトに参加された皆さんに災害備蓄食アルファ米の試食を提供します。※事前登録なし、市外の方も参加できます。
2 約400人の職員が参加する参集訓練(午前9時~11時)
  非常時を想定して原則「徒歩・自転車」で自宅から市役所へ参集します。
3 小田急線の運休による帰宅困難者対策訓練(午前10時~11時)
  相武台前駅から市役所まで帰宅困難者を誘導し、昼食の炊出しを行います。
4 市内28カ所の避難所開設訓練(午前9時~正午)
  避難所の開設を担当する職員を派遣し、避難者の受入れ準備を行います。

 問い合わせ先 安全防災課 TEL046(252)7395

〇平成28年消防出初式~「防災コレクション2016」を開催!~

 1月10日(日)に相模中学校で座間市消防出初式を実施します。
 出初式は、消防職、団員の士気高揚と職務遂行への決意を新たにするとともに、市の消防力、防災力を広く市民の皆さんに公開し、消防に対する信頼と認識を深めてもらおうと、市消防本部が毎年開催しているものです。
 第1部の式典では、永年勤続した消防団員・地域の防災活動で功績を残した消防団や団員、約40人が表彰される予定です。
 第2部の演技では、約30台の車両を使った車両分列行進、自主防災組織の初期消火訓練演技や、昨年7月に座間市消防団消防操法大会で最優秀賞に輝いた消防団による小型ポンプ操法およびポンプ車操法の演技が行われます。
 また、市ならではの消防力・防災力を広く市民に理解していただくアプローチとして、「防災コレクション2016」を開催します。消防署、消防団、立野台地区女性消防隊、陸上自衛隊座間駐屯地、在日米陸軍基地管理本部緊急業務局統合消防本部の隊員が、普段、一般の方は見ることのできない各種災害に対応する特殊な装備を身に着けパフォーマンスを行います。
 
【消防出初式】
○とき 1月10日(日)午前9時30分~
○ところ 相模中学校(相模が丘六丁目35番1号)
○内容 第1部(式典)各種表彰、座間市少女マーチングバンドによる演技
     第2部(演技)座間市消防操法大会最優秀賞消防団による操法演技、自主防災組織による初期消火訓練演技、防災コレクション2016
※荒天の場合は、同校体育館で式典のみ行います。
○入場 自由

問い合わせ先 消防総務課 TEL046(256)2211
 


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ