このページの本文へ移動

伝統の灯を消さないために~入谷歌舞伎公演

2015年12月2日登録

入谷歌舞伎の舞台(写真)

 市では、文化・芸術の発展と継承を目的に開催している市民芸術祭の1部門として、11月29日にハーモニーホール座間(市民文化会館)で、市の伝統芸能「入谷歌舞伎公演」を開催しました。
 入谷歌舞伎は、明治初期から継承されてきた農村歌舞伎で、社会変動や後継者不足などの理由から活動休止と復活を繰り返してきました。今回の公演は、平成8年の再開から20年目の公演となります。
 当日は、公演の無事などを祈る「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」や「狩場曽我富士の曙『對面之場』一幕(かりばそがふじのあけぼの「たいめんのば」いちまく)」「一谷嫩軍記『熊谷陣屋之場』(いちのたにふたばぐんき「くまがいじんやのば」)」の歌舞伎が披露された他、20周年を祝う友情出演として、鈴鹿明神社神輿保存会「入谷睦(いりやむつみ)」子供みこし会による「みこし渡御甚句」、鈴鹿長宿はやし保存会による「夫婦獅子舞」などが披露されました。

歌舞伎の準備
”” ”” ””
寿式三番叟
””
 
狩場の曽我富士の曙「對面之場」一幕
”” ””
””
 
歌の披露とみこし渡御甚句
”” ””
 
夫婦獅子舞
”” ””
 
一谷嫩軍記「熊谷陣屋之場」
”” ””
”” ””

 問い合わせ先 生涯学習課 TEL046(252)8476

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

市政戦略課 広報戦略係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8321
FAX番号:046(255)5090

ページの先頭へ