このページの本文へ移動

緊急時に備えた食料品備蓄

2014年4月18日登録

災害発生後の3日間は自力で生き残れる準備を

 大規模災害では、電気・ガス・水道などの供給の途絶や、食料品などの入手が困難になる場合もあります。平成23年3月発生の東日本大震災では、物流の混乱などにより、満足に食料を配達できたのが発災後3日目以降、電気の復旧に1週間以上という地域がありました。
 こうした事態に備えるため、日ごろから、最低でも3日分、できれば1週間分程度の家庭での食料品備蓄に取り組みましょう。 
 農林水産省ホームページ上に「緊急時に備えた食料備蓄品ガイド」が掲載されています。こちらも合わせてご覧ください。
「緊急時に備えた食料備蓄品ガイド」はこちらをクリック (農林水産省ホームページ) 

備蓄のしかた
発災当日から1週間分の備えについて
備蓄の取り組み方


備蓄のしかた  


 レトルト食品など、普段使いの食料品などの「買い置き」も有効な備蓄方法の一つです。非常食をまとめ買いしても賞味期限が来るため、大量購入・大量破棄を繰り返すことになります。 

 食べながら備える「ローリングストック法」  

 「ローリングストック法」とは、普段食べる米やレトルト食品などを多めに買っておき、消費したらその分を改めて補充するという方法です。賞味期限切れの無駄がなくなります。 

ローリングストック法

  1.  ベースとなる3日分の(9食分)の非常食を用意 

ローリング法2

  1.  もう1日分(3食分)余計に用意する。合計で12食分。

ローリング法3
 

  1. 1ヵ月に1回程度の頻度で非常食1食分を定期的に食べる。食べたら、1食分を買い足して補充。 

ローリング法4

  1. ちょうど1年で、最初に用意した4日分(12食)はすべて消費し、買い足した12食と入れ替わる。

 ▲このページのトップへ

 これだけは備えておきましょう! 

 bitikumizu

 bitikukome
 bitikukonnro  bitikukann


発災当日から1週間分の備えについて


 災害などが発生しライフラインが停止してしまった場合には、発生当日、3日後、一週間後とライフラインの復旧状況が異なります。復旧段階に応じた食料品を備蓄しましょう。

【発災当日】  水1リットル + 調理不要な食料品3食

  • 最低限の飲料水(1人1リットル)、缶詰や調理せずに食べられる備蓄食料品(アルファ米、乾パンなど)を3食分備えるといいでしょう。(※熱源があれば、カップ麺や普段使いのレトルトご飯も活用できます)
  • 避難する際に持ち出せるよう、1日分程度は非常用持ち出し袋に入れて準備をしておきましょう。
  • 一般に販売されている防災備蓄用グッズの中には、乾パンやレトルトご飯(1食~1.5食)や飲料水(500ml×2~3本)が含まれているものもあり、これらを活用すれば1日~1.5日分の対応が可能となるでしょう。

【発災後3日後】 水 + 熱源 + 9食

  • 1週間分の水とカセットコンロなどの熱源を確保すると良いでしょう。
  • 交通網の寸断などにより、行政からの物資などの配給が3日以上到着しないことが想定されるため、最低でも3日分(9食分)の食料品は確保するよう心がけましょう。
  • ボンベは火気や直射日光を避け、風通しのいい湿気の少ないところに保管しましょう。

【発生後1週間】 3日分の備え + α (備蓄品食料品など)

  • 発災後3日分の備えに加え、更に備蓄食料品などを用意すれば、ライフラインがすぐに復旧せず、1週間程度、水や熱源がない場合でも対応が可能となります。つまり、1週間分程度の食料品を確保すれば、ある程度の事態に対応可能と考えられます。
  • ガスや水道の復旧の遅れ、物流機能の停止や食品産業事業者が被災した場合は、復旧後も一部の食料品については入手困難になることも想定されます。 

 ▲このページのトップへ 

備蓄の取り組み方


bitikutorikumi 

 米を中心とした備えをしましょう
 
 米は保存性の高い食品です。調理のしやすさ、多様さ、費用、保存スペースのどれをとっても優れていますので備蓄の柱としましょう。
 無洗米であれば、米を研ぐ必要がなく、水が節水できます。

備蓄できる食料品は普段から多めに購入

 通常購入している保存性のいい食料品を多めに「買い置き」し、その後賞味期限などを考えながら計画的に消費。消費した分を新たに買い足すようにするだけで、かなりの備蓄ができます。
日持ちする野菜・果物や調味料を多めに購入するとよいでしょう  じゃがいも、玉ねぎ、かぼちゃなど比較的日持ちする野菜や果物も普段から多めに買っておきましょう。
 一般的に、調味料は賞味期限が長いものが多いので、普段から1袋、1瓶多めに買っておくとよいでしょう。
サプリメントの常備  災害時は栄養も偏りやすくなります。体調を整える効果のあるサプリメントも常備しておくのもおすすめです。

 毎月1回「非常食を食べる日」を 

  家族で毎月1回、「非常食を食べる日」を決めましょう。この日は家族で食卓を囲み、備蓄した食料品を「冷たいままでも食べることができる」「味付けが濃い」などと 評価しましょう。我が家の非常食として適するか判断ができるよい機会となります。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課  危機管理・防災係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7395
FAX番号:046(252)7773

ページの先頭へ