このページの本文へ移動

太陽光発電による発電状況

2019年8月5日更新

 市水道事業は、水道水を安定供給するために、常時ポンプなどを稼働していることにより大量の電気を使用しています。
 そこで、低炭素社会に向けた地球温暖化対策として、四ツ谷配水管理所の屋上に再生可能エネルギー設備である、20kw級の太陽光発電設備を設置しました。
 この発電量は、施設のポンプ運転に必要な電力を賄うまでにはおよびませんが、普段の消費電力の削減や、災害などによる停電時の照明電力などに、有効に活用できます。
 このページでは、月ごとの太陽光発電量と二酸化炭素削減量をお知らせしています。

四ツ谷配水管理所の太陽光発電設備

令和元年7月分
 太陽光発電量           1,924.2kwh
 二酸化炭素削減量     889.0kg-CO2

 

 

四ツ谷配水管理所太陽光発電実績

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

水道施設課 管理係
〒252-0021  座間市緑ケ丘一丁目3番1号
電話番号:046(252)7915
FAX番号:046(257)4155

ページの先頭へ