このページの本文へ移動

枝・草・落ち葉の分別収集にご協力ください

2021年7月1日更新

 市では燃やすごみの減量化・資源化を推進するため、家庭から出る草木類(庭木を剪定した際に出る枝、落ち葉、下草類)を資源物として分別収集しています。
 収集した草木類は堆肥やチップなどの資源物としてリサイクルされますので、分別にご協力ください。

集積所収集(試行実施)

草木類は、他のごみと混ぜずに燃やすごみの日に出してください。

・収集は燃やすごみと別に行います(燃やすごみの収集後、午後5時までに草木類を別途収集)。
・袋に入れる際は、燃やすごみと袋を分けてください。
・午前8時30分までにごみ集積所にお出しください。
事業や農業で出たもの、事業者(シルバー人材センターを除く)に剪定を依頼したものは対象外。作業を行った業者に収集を依頼してください。
・令和3年6月1日の広報ざまには、「週2回ある燃やすごみの収集日のうち、週の後半の燃やすごみの収集日と同日に収集します。」としていましたが、試行実施の途中経過を踏まえ、週の前半・後半関係なく「燃やすごみの日」に回収しています。

剪定枝のイラスト

●収集できる束・袋の基準

  基準 注意事項
束ねる場合

・枝の長さが1メートル以内
・枝の太さが20センチメートル以内
・束ねた太さが30センチメートル以内

・長さや太さの基準を超えたものは収集できません。
・毒性のある植物、シイタケ用基材、加工用木材などは収集できません。

袋に入れる場合

・透明、半透明のポリ袋を使用
・袋のサイズは45~90リットル

・束にできないもののみを入れてください。
・土や石が混入したものは回収できません。
・土のう袋、麻袋、レジ袋は中身が確認できないため、使用しないでください。

※詳しくはこちら(内部リンク)をご確認ください。

戸別収集

 戸別収集も引き続き行っています。通行の妨げになる場合や、袋と束が合計で15個以上になる場合は、何回かに分けて集積所に出すか、粗大ごみ・草木類受付(046-252-7560)にお電話ください。
 個別収集の場合のポリ袋は、45リットルが限度です。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

資源対策課 業務係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7659
FAX番号:046(252)7616

ページの先頭へ