このページの本文へ移動

住民基本台帳カード

2020年7月15日更新

■利用方法

 住民基本台帳カード(以下、住基カード)とは、住民基本台帳法の規定により交付されていたICカードです(平成27年12月末に交付は終了となっています)このカードは、次のことに利用できます。
 
●写真ありの場合、公共機関や金融機関で、身分証明書としての利用
※全ての場所で身分証明書として認められるとは限りません。提示先で事前にご確認ください。
●コンビニなど(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、イオン〈本州および四国の店舗のみ〉、クリエイトエス・ディー)で、住民票の写し・印鑑登録証明書の自動交付サービスの利用(窓口交付より50円安く取得できます)
※ただし、利用登録済のカードに限ります。
●市立図書館での貸出券としての利用
●転入届・転出届の特例 

■カードの種類

Aバージョン
Bバージョン
””
 
 写真なしのタイプ。カード表面に氏名/通称、有効期限のみ表示しています。
 ””
 
 写真ありのタイプ。カード表面に住所、氏名/通称、生年月日、性別、有効期限、顔写真を表示しています。
 
●有効期限は、発行の日付から10年(特別永住者、永住者以外の外国人の方は在留期限日まで)です。また、引っ越ししたときや氏名の変更があった場合は、期限内であれば新住所や変更後の氏名を住基カード裏面へ記載します。 

■ 取扱注意点と紛失・盗難時の対応 

・住基カードの券面およびICチップ内には個人情報が記載・格納されています。強い磁気に近づけないなど、取り扱いには十分気を付けて管理・保管してください。
・住基カードを紛失もしくは盗難にあった場合は、早急に警察署または交番に届け出(遺失届・盗難届)を行ってください。その後、住基カードの廃止には、市役所戸籍住民課へお越しください。なお、再交付申請は現在は受け付けていません。

■ 暗証番号の登録 

 住基カードを引っ越し先で利用する場合は、交付時に登録した暗証番号が必要です。なお、暗証番号の確認照会は一切できません。本人の申請による再登録となります。 

■ その他

・住基カードを印鑑登録証として利用している方で、代理人による印鑑登録証明書の窓口申請の際には、なりすましによる申請を防ぐため印鑑登録証明書用として登録された暗証番号をお伺いします。 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

戸籍住民課 窓口係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8083
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ