このページの本文へ移動

20歳になったら国民年金

2021年5月27日更新

 国内に居住する20歳以上60歳未満の全ての人は国民年金に加入し、国民年金の保険料を納めることになります。保険料を納めることで次のような年金を受給することができます。
・老後を支える「老齢年金」
・病気やけがで障がいの状態になった場合の「障害年金」
・加入者が亡くなった場合の、子や配偶者を対象とした「遺族年金」

※外国籍の方は、20歳到達時に日本年金機構からの案内通知が届かない場合があります。加入や支払い
 に関する相談は問い合わせ先まで。

〇国民年金保険料第1号被保険者)の金額

平成31年度(平成31年4月~令和 2年3月分)     月額 1万6,410円
令和2年度(令和2年4月~令和3年3月分)          月額 1万6,540円
令和3年度(令和3年4月~令和4年3月分)          月額 1万6,610円

〇保険料の支払いが困難な場合は
 「学生納付特例制度」、「納付猶予制度」「保険料免除制度」があります。猶予制度や免除制度を利用することで、未納を防ぎ年金の受給要件を満たすことができます。支払いが困難な場合は年金事務所または市役所国保年金課へご相談ください。 

〇20歳になられた方向けに国民年金制度を動画でご案内しています。

▽動画はこちら▽

『20歳到達時の国民年金の手続き』(外部リンク 日本年金機構ホームページ)

〇問い合わせ先
厚木年金事務所 TEL046(223)7171() 詳細はこちらからご覧ください

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

国保年金課 年金係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7035
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ