このページの本文へ移動

ダイオキシンなどの有害大気汚染物質の削減のために…屋外焼却はやめましょう

2011年11月19日登録

 ダイオキシンなどの有害大気汚染物質は、物を燃焼させることによって発生します。特にビニールやプラスチック、ゴムなどを燃焼させると多く発生し、環境に悪い影響を与えます。現在、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、適合基準に合った焼却炉以外での廃棄物の焼却行為は禁止されています。
 家庭での焼却行為はやめ、資源物と燃えるごみに分別して収集日に出してください。切り枝や枯れ葉などもむやみに燃やさず、こまめに収集日に出すなどして近隣の方に迷惑の掛からないようご協力をお願いします。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

環境政策課 環境保全係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8214
FAX番号:046(257)7743

ページの先頭へ