このページの本文へ移動

療育手帳

2011年4月1日登録

 療育手帳は、知的障がいのある方が一貫した療育・援護を受け、さまざまなサービスを利用するために必要な手帳です。判定の区分はA1(最重度)A2(重度)B1(中度)B2(軽度)です。

 交付対象  
  児童相談所(18歳未満)または総合療育相談センター<障害者更正相談所>(18歳以上)で知的障がいと判定された方  
 申請に必要なもの  
  ▼写真(横3センチメートル・縦4センチメートル、上半身・無帽)  
  ▼印  
 内容変更  
  (手帳をお持ちの方で次の場合には、手続きをしてください。カッコ内は持ち物です)  
  (1)住所、氏名が変わったとき(手帳・印)  
  (2)手帳を失くしたり、汚したりして使用できなくなったとき(写真・印)  
  (3)写真が古くなり写真の交換が必要になったとき(手帳・写真・印)  
  (4)障がいの程度が変化したとき(手帳・写真・印)  
  (5)手帳をお持ちの方が亡くなったとき、不要になったとき(手帳・印)  
  (6)再判定で非該当になったとき(手帳・印)  

 申請を受け、進達後おおむね1カ月半で交付通知を送付します。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

障がい福祉課 障がい者支援係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7132
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ