このページの本文へ移動

座間むかしむかし

2017年5月31日更新

   「座間むかしむかし」は昭和32年の創刊以来、郷土の歴史や出来事、むかし話などさまざまなテーマを座間に住む人々が書きしるし、まとめてきたA5判の冊子です。
  内容はいずれも身近な地域の歴史を対象とし、今では忘れ去られた出来事なども多く集録されています。郷土・座間の移り変わりなどを調べるときに参考としていただければと思います。
 閲覧は、第1集と第2集をを除いて市役所1階の市民情報コーナー、図書館、公民館の図書室、北・東地区文化センターでご覧いただけます。
 なお、第1集と第2集は図書館奥の参考図書室でのみ閲覧いただけます。
 また、各集の目次一覧については、下記ダウンロードをご覧ください。

 最新刊「座間むかしむかし 第42集」発売中。
 「大矢弥市と木杯」(浅野 寛/著)と「寺子屋師匠滝沢仁平の座間開業と水鉢の「舎田堂」銘」(野上 剛志/著)の2編を収録 (令和2年年3月刊行/A5 41頁) 
 販売場所は市役所1階市民情報コーナー、公民館、北・東地区文化センターです(1冊200円)。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課 市史文化財担当
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8431
FAX番号:046(252)4311

ページの先頭へ