このページの本文へ移動

国民年金保険料は口座からの引き落としが便利です

2022年4月1日更新

 国民年金保険料の口座振替による支払いの手続きは、全国の金融機関でできます。一度口座振替の手続きをすれば、金融機関などの窓口まで支払いに行く手間が省けて、指定した口座から引き落としがされるため納め忘れもなくなり、とても便利です。また、前納による割引制度もあるため大変お得です。

納付方法 次の中から選択

納付方法
期日と1回の納付額
割引額
毎月納付
翌月末(1カ月分)
なし
早割納付
当月末(1カ月分)
毎月50円
半年前納
毎年4月末日と10月末日(6カ月分)
1,130円
1年前納
毎年4月末日(1年分)
4,170円
2年前納
2年に1度4月末日(2年分)
15,790円

※割引額は令和4年度の額を表示しています。
※申し込みをしてから、手続きが完了するまでに1~2カ月程度かかります。4月分からの半年・1年・2年前納は2月末日までに、10月分からの半年前納は8月末日までに申し込んでください。

申し込み方法

 年金事務所、金融機関、市役所1階国保年金課窓口に備え付けの「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」に必要事項をご記入の上、年金事務所(郵送可)または、金融機関へ提出してください。
 「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」は、年金事務所から郵送取り寄せもできます。また、毎年4月に日本年金機構から送られる納付案内書に綴じ込まれています。その他に、日本年金機構のホームページ(外部リンク)からもダウンロード可能です。ただし、ホームページからダウンロードしたものは年金事務所にお申し込みください。

必要な物

基礎年金番号の分かるもの(基礎年金番号通知書、年金手帳など)
・預金通帳
・通帳届出印

口座引き落としの注意点  

  • もし、残高不足で引き落とし不能となった場合は、次回引き落とし時に、合わせて再度引き落とします。再度の引き落としも不能となった場合は、不能の通知書と引き落とし不能分の納付書が送られます。
  • 2年分、1年分または半年分前納の引き落としが不能となった場合は、1カ月ごとの毎月納付に変更して引き落としされます。
  • 4分の1、半額、4分の3などの部分免除を受けている場合は、1カ月ごとの毎月納付のみとなります。ただし、翌年の免除を新しく手続きした後、承認がおりるまでの数カ月間は定額の金額が引き落とされることがありますのでご注意ください(免除申請日以前に振替えられた分については免除できませんので、免除の手続きをする場合は7月分が振替えされる8月末までに申請してください)。

問い合わせ先

厚木年金事務所 TEL046(223)7171()
詳しくは「年金に関する相談・手続き窓口(年金事務所など)」(内部リンク)をご覧ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

国保年金課 年金係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7035
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ