このページの本文へ移動

国指定重要文化財

2008年9月15日登録

★国指定重要文化財

嘉禄三年紀梵鐘(かろくさんねんきぼんしょう)

写真:嘉禄三年紀梵鐘
  • 成立年代:嘉禄3年(1227年)
  • 所在地:星谷寺
  • 指定年月日:昭和42年6月15日


 嘉禄3年(1227年)は、鎌倉時代初期にあたり、この鐘は全国現存の梵鐘の中で50番目、関東以北では2番目に古いものとされています。さらに、鐘をつく際の撞座(つきざ・しょうざ)が1箇所であることから、江戸時代より「奇鐘」として有名でした。

 

画像:
梵鐘銘文

 銘文中の人名は全てが判明しているわけではありませんが、「源朝臣信綱」は、琵琶湖のほとりに居を構え活躍した佐々木信綱(ささき のぶつな)であるとされています。
 信綱の祖父や父は一族の長として源氏に従っていたので、平家が天下を掌握すると一族は近江国(おうみのくに)(現在の滋賀県)の所領を奪われ、縁故のある奥州(おうしゅう)に向かう途中で相模国(神奈川県)の中央部に勢力を持った渋谷重国(しぶや しげくに)と親交を持ち、約20年にわたり相模国に在住したと伝えられています。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課 市史文化財担当
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8431
FAX番号:046(252)4311

ページの先頭へ