このページの本文へ移動

障がい者に住宅用火災警報器の購入費用を給付

2011年4月1日登録

 住宅火災を早期に発見し、逃げ遅れによる死傷者を減らすため、「住宅用火災警報器」の設置が消防法によってすべての住宅に義務付けられました。新築住宅については既に設置が義務付けられ、既存住宅については平成23年6月1日から設置が義務付けられています。このことに伴ない、心身障がいのある方が火災警報器を購入・設置するときに掛かる費用の全部または一部を、次のとおり給付・助成しています。 

障がい者への助成制度
対象 身体障害者手帳1・2級または療育手帳A1・A2の保有者で火災発生の感知と避難が著しく困難な単身生活者、またはこれに準ずる世帯の方
助成額 15,500円(税込)を上限に給付(住民税課税世帯は一割自己負担)
  ※補助を受けるには、購入前に申請が必要です。また所得制限等の要件もあります
※詳しくは担当にお問合せください

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

障がい福祉課 障がい者支援係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7132
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ