このページの本文へ移動

特別児童扶養手当

2017年4月1日更新

◆目的
 この制度は、知的障害または身体障害など(政令で定める程度以上)のある児童を監護している方に手当を支給し、児童の福祉の増進を図ることを目的とする制度です。

◆助成対象
 重度もしくは中度の障害児(20歳未満)を監護している父、母または養育者
  ただし、次のいずれかに該当するときは、手当を受けることができません。
 1 障害児が児童福祉施設などに入所しているとき。
 2 児童が障害を理由として公的年金を受けることができるとき。
 3 障害の程度が「政令で定める程度」未満のとき
 4 請求者、扶養義務者などの前年の所得が、下表の制限額以上であるとき。 

扶養親族などの数

請求者

配偶者、扶養義務者

0人

4,596,000 円

6,287,000 円

1人

4,976,000 円

6,536,000 円

2人

5,356,000 円

6,749,000 円

3人

5,736,000 円

6,962,000 円

4人

6,116,000 円

7,175,000 円

◆手当額
 重度障害児1人につき月額52,200円
 中度障害児1人につき月額34,770円
 ※年3回(4月、8月、11月)に分けて支給されます。
 ※平成31年4月分から手当額が変更になりました。

◆手続き
 手続きには次の書類などが必要ですが、詳細な受給要件がありますので、事前に窓口でご相談ください。
 1 診断書(所定の様式)
  ※療育手帳(A1またはA2)、または身体障害者手帳(1級~概ね3級まで、ただし、内部障害、
    マヒおよび体幹機能障害などは除く)をお持ちの方は診断書を省略できる場合もあります。
 2 請求者と対象児童の戸籍謄本
 3 世帯全員の住民票の写し(市で確認できる場合は不要)
 4 特別児童扶養手当振込先口座申出書(所定の様式)
 5 印鑑、預金通帳(請求者本人名義のもの)
 6 課税証明書(市で確認できる場合は不要)
 7 個人番号(マイナンバー)に関する書類
   ・ 請求者本人の個人番号がわかるもの(個人番号カードまたは通知カードなど)
   ・ 請求者本人の身元確認書類(個人番号カードまたは運転免許証など)
   ・ 配偶者・対象児童・扶養義務者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、個人番号通
     知カード)
 8 その他に必要な書類がある場合は、ご相談いただいた際ご案内します。

 ※ 1~3は、交付の日から1カ月以内のもの
 ※ 3、6は、個人番号での照会を希望する場合は省略することができます。ただし、照
   会した内容に不足がある場合などは書類の提出が必要となります。
 ※ 7は、個人番号に関する書類がない場合でも特別児童扶養手当の申請をすること
   ができます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

子ども育成課 児童支援係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7201
FAX番号:046(255)5080

ページの先頭へ