このページの本文へ移動

ペットの災害時への備えは大丈夫ですか?

2014年3月6日登録

  平成25年4月1日から座間市地域防災計画が改定されました。それにより災害時避難所でのペットの受け入れについての条件が出来ました。飼い主の皆さんには日頃から災害時に備えた準備をお願いします。特に下記3つの条件について不備がある場合には避難所での受け入れはできませんのでご注意ください。

【避難所受け入れの最低条件】

1.ケージを持参していること

 避難所では屋外での飼育になりますので、雨風をしのぐシートなどもあると便利です。また、ケージに入ることに慣らしておいたり、飼い主と離れてもむやみに吠えたりしないなど普段からのしつけも大切です。

2.首輪に鑑札、狂犬病予防注射済票が付いていること(犬のみ)

 混乱を避ける為、犬の身分や飼い主の名前がわかるもの(鑑札)と狂犬病予防注射を受けている証明(狂犬病予防注射済票)は必ず付けておいてください。また、逃げてしまった場合にも付けておくことで飼い主のもとへ戻る可能性が高まります。

3.ペット用のエサ、水などが用意できること

 災害発生時は、ペット用品は手に入りにくいものです。最低限、次のものは用意しておきましょう(食料は最低3日分)。
 ※えさ、水、容器、リード、ふんを入れる道具など

※その他詳細については下記ダウンロード「ペットの災害対策」をご覧ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康づくり課 健康づくり係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7995
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ