このページの本文へ移動

守ってほしいペットマナー

2007年9月1日登録

ペットのマナーを守りましょう!(イラスト) 市には、犬のふんの放置や放し飼い、捨て犬、捨て猫など、依然としてペットに関する苦情が数多く寄せられています。
 ごく一部の飼い主の道徳意識の欠如が、地域の皆さんに多大な迷惑を掛けています。ペットの飼い主やこれから飼い主となる方は、動物の本能や習性を十分に理解した適正な飼育を心掛けるとともに、特に次のことを必ず守ってください。
 

犬を散歩させるときは引き綱を付け、必ずふんの始末をする

ペットは愛情を持って最後まで飼育する

犬の鑑札は必ず付け、狂犬病予防注射を毎年受ける

犬は放し飼いにしない

迷い犬や野犬の保護・捕獲は、県動物保護センターTEL0463(58)3411へ

犬・猫の飼育指導は、厚木保健福祉事務所TEL046(224)1111へ


 また、「ネコが庭でふんをしていく」「ネコがうちの物置で子どもを産んだ」など、ネコに関する苦情も増えています。室内飼育や避妊・去勢手術を行うように努め、室外飼育をする場合には、自宅の敷地内に柔らかく乾いた砂を敷いた場所を用意してネコ用のトイレを作るなど、近隣とのトラブルも減らす工夫をしましょう。
 トラブルの多くは、ほんの一部の飼い主の行為だとしても、イヌやネコの苦手な方もいますので、そんな方々と動物が共生できるよう、十分な愛犬・愛猫の管理をお願いします。 

・ペットマナー啓発看板の配布について

 健康づくり課では犬のフン害にお困りの方にペットマナー啓発看板を配布していましたが、平成31年4月1日の座間市環境美化条例の施行に伴い看板内容を変更します。現在配布をしていた看板の在庫がなくなったため、健康づくり課での配布は終了しました。新看板は上記施行日から環境政策課で配布しますのでご了承ください。

(開庁時間:平日8時30分~17時15分)

※看板の設置には土地所有者の許可が必要となります。ご自身所有の土地の塀などに針金でお付けください。

※犬の死亡届および犬の届出事項変更届は、電子申請・届出システムも利用できます。詳しくは、 神奈川電子自治体共同運営サービスのホームぺージをご覧ください

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康づくり課 健康づくり係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7995
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ