このページの本文へ移動

第1章 くらしにみぢかな農業をめざして

2007年9月1日登録

★第1節 都市農業の振興

1.農業基盤の整備
中核農家の規模拡大や農地の有効利用のため、農地の流動化や集約化を推進するなど、生産基盤の整備に努めます。
ハウスなど施設の改善や先端技術の導入を推進し、農業の近代化を図ります。
営農体制を維持するため関係団体等と連携して、後継者や生産組織の育成、強化に努めるとともに、共同経営化の推進や融資制度等の充実を図ります。
地域へ農産物を安定して供給できるよう、生産力の向上や流通・販売システムを確保するなど生産・供給体制の強化を図ります。
荒廃農地の増加を防止するため、関係組織と協調して農作業の受委託を推進します。
2.個性ある農業の展開
多様化する消費者の需要に応じた、高収益・高品質な農産物の開発等奨励を関係団体と連携してすすめます。
市民と自然との多様なふれあいを求め、観光農園や市民農園など、レクリエーションと結びついた農業の振興に努めます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画政策課 企画政策係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)8287
FAX番号:046(255)3550

ページの先頭へ