このページの本文へ移動

障害者控除対象者認定書交付

2016年12月1日更新

障害者控除対象者認定書の交付について

 所得税法および地方税法では、身体障害者手帳の交付を受けている方の他、障害者に準ずるものとして市長が認定した65歳以上の方も、障害者控除の対象としています。市では、「障害者に準ずる者」と認定を受けた方へ「障害者控除対象者認定書」(以下、認定証)を交付しています(認定されなかった方へは障害者控除対象者非該当通知書を発送)。
 認定を受けた方は、確定申告または個人住民税の申告で、障害者控除を受けることができます。

◆「障害者に準ずる者」の要件
65歳以上であること
所得・個人住民税の課税者または課税されている親族の被扶養者であること
年末(12月31日)に、介護保険法の要介護認定または要支援認定を受けている方で、要介護度および認定資料における日常生活自立度が以下の基準を満たすこと

◆日常生活自立度の基準

認定区分 障がいの種類および程度 要介護者認定基準
要介護度 自立度
障害者 知的障害者(軽度・中度)に準ず 要支援要介護認定者 2以上
身体障害者(3~6級)に準ず A以上
特別障害者 知的障害者(重度)に準ず 4以上 3以上
身体障害者(1~2級)に準ず B以上
ねたきり老人

 ※上記以外の方で、知的障害者に準じる方は精神科医、身体障害者に準じる方は指定医師の「障害者控除対象者認定に係る診断書」を基に認定します。

申請方法

 市役所1階介護保険課で配布する障害者控除対象者認定申請書(下記ダウンロードからダウンロード可)に必要事項を明記し以下の必要書類とともに、〒252-8566座間市役所介護保険課宛てに郵送または直接担当へ持参。

必要書類

◆郵送の場合
●申請者(本人または扶養親族)の身分証明書(運転免許証、医療保険証など)のコピー
◆持参の場合
●申請者の身分証明書、印
※要介護・要支援認定を受けていない方は、診断書が必要です。詳しくは、担当へお問い合わせください。

注意事項 

障害者手帳で控除を受ける方の申請は不要です。 
  ※要介護4・5の方が、障害者手帳で特別障害者の控除対象でない場合、申請すると特別障害者の控除が受けられます。
申請は、12月から受け付けます。 
認定書は翌年1月以降に認定対象者の自宅へ郵送します(即日発行不可)。 
要介護・要支援認定を受けている方でも、基準に該当しないと非該当となります。 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

介護保険課 認定係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7538
FAX番号:046(252)8238

ページの先頭へ