このページの本文へ移動

座間市いっせい防災行動訓練 シェイクアウトプラス1 2019 in ZAMA

2019年1月23日更新

 この訓練は、日常生活の「その時いる場所」で実際に地震が起きたときに、どう対処し、どう行動するかを市内いっせいに実施する訓練です。

 ""

シェイクアウト プラス1 2019 in ZAMA

訓練実施日時
 平成31年1月23日(水)午前11時
  代替実施日:平成31年1月4日(金)~31日(木)の任意の時間
 

1.最新のお知らせ
2.「シェイクアウト訓練」ってなに

 

シェイクアウト プラス1 2019 in ZAMAの登録者数

54,358人(1月23日現在)

 シェイクアウト プラス1 2018 in ZAMAの様子はこちらをご覧ください

下記のサイトから参加登録できます(今年の参加登録の受付は終了しました。)

 The Great ZAMA ShakeOut(座間市シェイクアウト)ホームページ(外部リンク)  

最新のお知らせ

◆今年の参加登録の受け付けは終了しました。今回は54,358人の方に参加登録をいただきました。訓練へのご参加、ご協力をいただきありがとうございました。

◆シェイクアウト訓練当日に「災害用伝言ダイヤル171」の利用体験ができます。

 下記ダウンロードの「シェイクアウト参加登録票」を危機管理課へファクス、電話または直接担当で登録できます。

 ▲このページのトップへ 

「シェイクアウト訓練」ってなに

安全行動1-2-3の実施

 シェイクアウト訓練は、参加者がその場で、地震が起きたとき、どう対処し、どう行動するかを実際に実施する訓練です。
 決まった時間(午前11時)に、約1分間、体を守る基本行動(安全行動1-2-3)をその場で行います。

安全行動1-2-3
1.ドロップ!「まず低く」

2.カバー!「頭を守り」

3.ホールドオン!「動かない」
""

シェイクアウト プラス1 の「プラス1」とは

 本訓練時に実施する基本行動(安全行動の1-2-3)で身の安全が確認できたら、その後に行うべき行動を「プラス1」として考えてみてください。
 プラス1の規模に決まりはありませんので、自分自身や家庭、地域、職場または学校などにおいて避難訓練、安否確認、情報収集訓練などをできる範囲で実施してみてください。また、すでにそのような自主訓練が計画または実施されている場合は、引き続き防災力の向上を図ってください。

""
 

▼防災シミュレーター
 内閣府ホームページの防災シミュレーター「震度6強体験シミュレーション」「想定シナリオ」を利用し、具体的な想像もしてみてください。身の回りのいろいろな危険を発見できます。  

 訓練の形式について

 この訓練は、効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(略称:ShakeOut提唱会議)と連携して実施するもので、事前にホームページなどで参加登録をしていただく形式の訓練となります。
 多くの市民が自発的に参加登録と事前学習を行い、訓練日時を合わせて同時に安全行動を確認することで、防災について考える機会となり、効果的な防災訓練と防災啓発につながることを目的としています。
 日本では、平成24年3月に東京都千代田区が初めて実施し、現在では全国に広まってきています。
 この形式の訓練としては、座間市が神奈川県内で初めて平成25年1月23日に実施しました。

ShakeOut(シェイクアウト)の由来

 ShakeOut(シェイクアウト)とは2008年(平成20年)にアメリカの南カリフォルニア州で始まった新しい形の訓練で、指定された日時に、参加者がそれぞれの場所で自身の身を守るために、いっせいに行う統一行動訓練です。
 現在ではアメリカの他に、日本・ニュージーランド・カナダ・イタリアなど世界各国で実施されるまでの規模に発展しています。
※ShakeOut(シェイクアウト):「地震をやっつける」という意の造語。意訳すると「いっせい防災訓練」。

ShakeOutの詳しい内容や、他自治体の実施状況については、こちらでご確認いただけます。
The Great Japan ShakeOutホームページ(外部リンク)
The Great ZAMA ShakeOut(座間市シェイクアウト)ホームページ(外部リンク)  

「災害用伝言ダイヤル171」体験利用

 大規模災害が発生したとき、家族や友人の安否確認などで一斉に電話やインターネットを使用すると、回線が込み合い、つながりにくくなります。電話がつながりにくくなると、命にかかわる救助の要請などの電話ができなくなってしまいます。
 災害用伝言ダイヤルは、安否確認などを直接電話で行わず、災害用伝言ダイヤルセンターを経由することでつながりにくい状況を緩和します。また、被災地の方が録音した安否などに関する情報を被災地内や他の地域の方がお聞きになれるため、避難中で電話に応答できない場合やバッテリー切れで携帯電話が使用できない場合であっても安否を伝達することができます。

シェイクアウト訓練日の1月23日の0時~24時まで市内(市外局番046)で利用することができますので体験ください。

利用方法など、詳しくはこちらで確認いただけます。

NTT東日本のホームページ(外部リンク)  

▲このページのトップへ

開催日:2019年1月23日
場所・時間等:
○午前11時~訓練実施

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課  危機管理・防災係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7395
FAX番号:046(252)7773

ページの先頭へ