このページの本文へ移動

中学生のお子さんの小児医療費助成の申請はお済みですか

2018年7月11日登録

 10月1日(月)から小児医療費の通院助成の対象を、現在の小学6年生までから中学3年生までに引き上げ、子育て支援の充実を図ります。
 小児医療費の助成を受けるためには、「小児医療証」の交付申請が必要です。
 7月31日(火)までに申請された場合は、9月下旬に、該当になる方には医療証を発行し、所得額が限度額以上の方には却下通知書を送付します。
 なお、8月以降に申請された場合は、準備が整い次第、医療証または却下通知書を送付します。
 この助成制度には所得制限があります。詳しくは、下記の関連リンク「小児医療費助成(0歳~小学校6年生)」の「所得による資格審査」をご覧ください。
※「保険衛生のお知らせ」など、すでにお配りした配布物には、助成対象が小学6年生までと記載している物がありますのでご注意ください。

中学生のお子さんがいる世帯に申請書を送りました

 5月15日(火)に平成30年5月1日(火)時点で市内にお住まいの中学生の子どもがいる世帯に申請書を送りましたので、申請してください。

平成30年5月2日(水)以降に転入の手続きをされた方

 申請書を医療課で配布しています(下記ダウンロードから印刷できます。両面印刷してください)。必要書類を添付の上、申請してください。

申請方法

 「小児医療証交付申請書」に必要書類を添付の上、郵送してください。申請書の申請者(養育者)および配偶者の氏名欄は必ず本人が自署してください。医療課窓口でも受け付けていますが、時間がかかる場合があります。申請者(養育者)以外の方が窓口で申請する場合は、委任状が必要です。
 申請書および委任状は、黒のボールペンでご記入ください。消せるボールペンは使用しないでください。

必要書類

 ⑴ 子どもの健康保険証
 ⑵ 養育者、配偶者、子どもの個人番号(マイナンバー)を確認する書類
   以下のいずれか1つ
   個人番号カード、通知カード、住民票※1、住民票記載事項証明書※1
   ※1 個人番号、氏名、生年月日、性別、住所が記載されたもの
 ⑶ 養育者の本人確認書類
   次の【A】または【B】
  【A】いずれか1つ
   個人番号カード、運転免許証、パスポート、在留カード、身体障害者手帳、養育手帳、
   精神障害者保健福祉手帳、特別永住者証明書、その他官公署が発行した顔写真付の書類
  【B】2つ以上
   健康保険証、国民年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、
   その他官公署等公的機関が発行した書類

※平成29年1月1日または平成30年1月1日に海外にお住まいの場合は、養育者および配偶者のパスポートなどが必要な場合がありますので、担当へお問い合わせください。

対象者

 市に住民登録がある中学3年生までの子どもを養育している方
 ただし、子どもが次に該当する場合は対象となりませんので、今回の対象拡大に伴う申請は必要ありません。

 ⑴ 生活保護を受けている場合
 ⑵ 児童福祉法に基づく措置により医療を受給している場合
 ⑶ 心身障害者医療費の援助を受けている場合(負担割合が1割の方は、お問い合わせください)
 ⑷ ひとり親家庭などの医療費助成を受けている場合

医療証の送付

 平成30年7月31日(火)までに申請された場合は、9月下旬に、該当になる方には医療証を発行し、所得額が限度額以上の方には却下通知書を送付します。
 なお、8月以降に申請された場合は、準備が整い次第、医療証または却下通知書を送付します。
 ※申請後、氏名や保険証が変更になった場合は、変更届の提出が必要です。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

医療課 医療給付係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7213
FAX番号:046(252)7043

ページの先頭へ