このページの本文へ移動

工事などで水道を使用する時は必ず届出を

2017年1月19日更新

 既存の給水装置(水栓)を、建物の解体工事現場や建築現場での散水、手洗いなどで使用する時は、「給水装置用途変更届」を届出することが義務付けられています。このことは、座間市水道事業給水条例第31条並びに座間市水道事業給水条例管理規程第19条に定められています。

 届出が必要な理由は2つあります。1つは、給水条例第5条に定められている「給水目的の種類」が、次のとおり異なるためです。

◇一般家庭や営業などで使用するとき・・・一般用
◇工事その他一時的に使用するとき・・・一時用

 もう1つは、給水条例第35条に定められている1箇月の基本料金および超過料金が、給水目的の種類によって異なるためです。

 届出は、水道料金の納入者が行ってください。様式および提出先については、下記のリンクをご覧ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

経営総務課 料金係
〒252-0021  座間市緑ケ丘一丁目3番1号
電話番号:046(252)8541
FAX番号:046(257)4155

ページの先頭へ