このページの本文へ移動

平成28年1月から手続きには「マイナンバー」が必要です

2015年12月28日登録

平成28年1月から、介護保険制度の各種手続きの申請・届出書には、マイナンバー(個人番号)の記入が必要になります。
 マイナンバーの記入が必要となる主な申請・届出は、次のとおりです。
 

   ・介護保険資格取得・異動・喪失届
 ・介護保険被保険者証交付・再交付申請書
 ・介護保険高額介護(予防)サービス費支給申請書
 ・介護保険負担限度額認定申請書
 ・介護保険特定負担限度額認定申請書(旧措置入所者に関する認定申請)
 ・基準収入額適用申請書
 ・高額医療合算介護(予防)サービス費支給申請書
 ・居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書
 ・介護予防サービス計画作成依頼(変更)届出書
 ・介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書
 ・介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修支給申請書
 ・介護保険料減免・徴収猶予申請書
 ・介護保険利用者負担額減額・免除申請書
 ・介護保険給付額減額免除申請書
 ・介護保険利用者負担額減額・免除等申請書(旧措置入所者に関する認定申請)
 ・介護保険要介護・要支援認定申請書

 なお、上記書類にマイナンバーを記入いただく際には、本人確認のために「番号確認」と「身元確認」を行います。
 番号確認には、「個人番号カード」または「通知カード」、「個人番号付き住民票」の提示が必要です。
 身元確認には、「個人番号カード」または「運転免許証」、「パスポート」などの提示が必要です。
 また、代理人が申請を行う場合は、代理権の確認のために「委任状」と代理人の身元確認書類、本人の番号確認書類などが必要となります。
 必要な確認書類について詳しくは、担当にお問い合わせください。
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

介護保険課 保険係
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7719
FAX番号:046(252)8238

ページの先頭へ