このページの本文へ移動

平成26年度水道事業会計決算概要

2015年11月20日登録

 平成27年9月に開催された座間市議会第3回定例会において、平成26年度水道事業会計の決算が認定されました。水道事業会計は、水道事業の経営活動に関する収支である「収益的収支」と水道施設の整備拡充に係る収支である「資本的収支」の二つに分かれています。ここでは、決算の内容をそれぞれの収支に分けてお知らせします。なお、平成26年度は地方公営企業会計基準の見直しによる初めての決算となりました。


収益的収支の決算
資本的収支の決算
水道水1立方メートル当たりの価格 


★収益的収支の決算

 収益の合計は、20億6,470万円。内訳は、営業収益(水道料金など)が全体の80.1パーセントを占め、次いで営業外収益(水道利用加入金など)、特別利益となっています。この収益を前年度と比較すると、6,688万円、3.3パーセントの増加となっています。これは、会計基準の見直しによる営業外収益の増加などによるものです。
 費用の合計は、19億5,725万円。内訳は、減価償却費が最も多く30.6パーセントを占め、次いで受水費、委託料、人件費、動力費などとなっています。この費用を前年度と比較すると、6,379万円、3.4パーセントの増加となっています。これは、減価償却費の増加などによるものです。

  水道事業の本来の営業活動の結果を表す営業損益は、前年度より損失額が1億8,042万円増加し、2億2,923万円の営業損失となりました。営業外収益及び費用を加えた経常損益は、前年度より利益が1,461万円増加し、1億4,004万円の経常利益となりました。最終的な当年度純利益は1億745万円で、前年度より309万円、3.0パーセントの増となりました。

 

収益的収支内訳(消費税などを含まない) 営業収益(水道料金など)16億5,429万円、80.1% 営業外収益(水道利用加入金など)4億858万円、19.8% 特別利益183万円、0.1%  減価償却費5億9,872万円、30.6% 受水費4億8,182万円、24.6% 委託料3億3,924万円、17.3% 人件費1億6,372万円、8.4% 動力費1億2,056万円、6.2% その他2億5,319万円、12.9%

 
 

★資本的収支の決算

 収入の合計は、2億9,527万円。内訳は、有価証券償還収入が67パーセントを占め、次いで有価証券償還収入、貸付弁済金となっています。前年度と比較すると、3億4,508万円、53.9パーセントの減少となっています。これは、企業債の減少などによるものです。
 支出の合計は、12億1,091万円。内訳は、建設改良費(水道管の布設など施設整備に要する費用)が61.9パーセントを占め、次いで投資(有価証券の購入費)、企業債償還金(借入金の元金償還額)となっています。前年度と比較すると5億8,432万円、32.5パーセントの減少となっています。これは主に、建設改良費の減少によるものです。資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額9億1,564万円は、損益勘定留保資金などで補塡しました。
 なお、平成26年度末における企業債の未償還元金は、表1のとおりです。また、当年度における消費税および地方消費税は、220万円の納付となりました。

 

資本的収支内訳(消費税などを含む) 有価証券償還収入2億円、67.7% 貸付弁済金5,351万円、18.1% その他(負担金など)4,176万円、14.2%  建設改良費7億4,986万円、61.9% 投資4億14万円、33.1% 企業債償還金6,091万円、5.0%

    ※4 損益勘定留保資金   減価償却費などの現金支出を伴わない費用を累計した資金。

   

表1 企業債の未償還元金残高

  24年度 25年度 26年度
財務省財政融資 6億8,073万6,124円 6億4,736万9,285円 6億1,314万8,484円
地方公共団体金融機構 7億7,178万2,506円 12億583万2,301円 11億7,914万5,259円
合計 14億5,251万8,630円 18億5,320万1,586円 17億9,229万3,743円


 ▲このページのトップへ

 

★水道水1立方メートル当たりの価格

 地下水(一部県から受水)をくみ上げ、皆さんの家庭に水を送るまでの生産経費を給水原価といいます。また、水道水1立方メートル当たり、どれだけの収益が得られるかを表したものを供給単価といいます。この二つは水道事業の経営状況を判断する目安となります。
 平成26年度の給水原価は、1立方メートル当たり135円30銭、供給単価は127円46銭でした。(グラフ1参照) 、給水原価の内訳はグラフ2のとおりです。なお、平成26年度の給水実績は、表2のとおりです

グラフ1 給水原価と供給単価の推移

 グラフ1 供給単価と給水原価。平成21年度供給単価113円01銭、給水原価130円89銭。平成22年度供給単価112円95銭、給水原価131円87銭。平成23年度供給単価117円9銭、給水原価135円55銭。平成24年度供給単価128円34銭、給水原価135円00銭。平成25年度供給単価128円01銭、給水原価138円29銭。平成26年度供給単価127円46銭、給水原価135円30銭。

 グラフ2 給水原価の内訳

グラフ2 給水原価の内訳 全体は1立方メートルあたり135円30銭。受水費38円06銭、28.1%。資本費34円70銭、25.7%。委託料26円29銭、19.4%。給与費12円47銭、9.2%。動力費9円52銭、7.0%。修繕費9円15銭、6.8%。その他5円11銭、3.8%。

 

表2 給水実績

  24年度

25年度

26年度
行政区域内人口(人) 129,807 129,120 128,874
給水人口(人) 129,689 129,003 128,768
給水栓数(栓) 57,309 57,648

57,939

1日平均配水量(立方メートル) 37,300 36,933 36,279
1日最大配水量(立方メートル) 42,707 41,501 40,559
一人1日当たりの平均配水量(ℓ) 288 286 282

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

経営総務課 経理係
〒252-0021  座間市緑ケ丘一丁目3番1号
電話番号:046(252)7513
FAX番号:046(257)4155

ページの先頭へ