このページの本文へ移動

土砂災害警戒区域を知る(神奈川県土砂災害情報ポータル)

2019年1月22日更新

土砂災害から身を守るために

 神奈川県では、土砂災害から「命」を守るため、住民の自主的な避難に役立てられるよう、土砂災害に関する情報をホームページで提供しています。ぜひご活用ください。
 土砂災害警戒区域は、土砂災害防止法に基づいて、「急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)」により被害を受ける恐れのある区域を神奈川県が指定し、公表したものです。

神奈川県土砂災害情報ポータル (外部リンク)

 

 

「神奈川県土砂災害情報ポータル」ではなにができるのか

  •  土砂災害警戒区域をピンポイントで検索することができます。
  •  60分間積算雨量などの情報から土砂災害発生危険度の高まりが地図上に表示されます。
  •  現在発表されている土砂災害警戒情報が表示されます。

▼土砂災害情報ポータル トップページ


 

1.台風や大雨に備えて

お住いの地域が土砂災害警戒区域か調べることができます。
住所検索から調べることも可能です。

 

 2.雨が降り始めたら

 

60分間積算雨量と、土壌雨量指数を用いて、土砂災害発生危険度の高まりについて地図上に表示されます。
住所検索から、在住地域の土砂災害の危険度を知ることができます。

土砂災害の危険度を見て避難行動を開始しましょう。

※60分間積算雨量:10分毎に測定された雨量を、過去60分間積算したもの。
※土壌雨量指数:降った雨が土壌中に水分量としてどれだけ貯まっているかを表したもの。
 

3.大雨になったら

現在発表されている土砂災害警戒情報が表示されます。

 


▼座間市の土砂災害警戒区域 告示図書はこちらからご覧いただけます。

座間市の土砂災害警戒区域告示図書 (外部リンク:神奈川県ホームページ)

 ▲このページのトップへ

急傾斜地のがけ崩れの前兆

落石 ひび割れ わき水 地鳴り
がけから小石がパラパラと落ちてくる 木が傾いたり、崖にひび割れができる がけからの湧き水が止まったり、増えたり、濁ってくる がけから地鳴りの音が聞こえてきた

このような現象に気が付いたら、周囲の人にも知らせ、いち早く安全な場所へ避難をしましょう。

 ▲このページのトップへ

 

土砂災害警戒区域の範囲


土砂災害警戒区域
の範囲

 
傾斜度が30度以上で高さが5メートル以上の区域
急傾斜地の上端から水平距離が10メートル以内の区域
急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍(50メートルを超える場合は50メートル)以内の区域

▲このページのトップへ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課  危機管理・防災係 
〒252-8566  座間市緑ケ丘一丁目1番1号
電話番号:046(252)7395
FAX番号:046(252)7773

ページの先頭へ